ICU高校|INTERNATIONAL CHRISTIAN UNIVERSITY HIGH SCHOOL

Menu:
受験を考えている方へ
  • 学校案内/募集要項
  • 入試概要・日程・結果
  • 学校説明会など
  • 諸費用について
  • Q&A
在校生の保護者の方へ
卒業生の方へ
  • 証明書・調査書の発行
  • 卒業生のみなさまへのお願い
お問い合わせ
交通アクセス
-----

Graduates' Voice!|卒業生の声

卒業生へのアンケート

Q.あなたにとって"ICU高校"とはなんですか?今、どんなことをしていますか?

現在の仕事 私にとっての"ICU高校"とは 後輩諸君へ

ものすごくチャレンジングな環境

E.O 22期生 東京大学教養学部 外資系証券会社 同シンガポール支店 同ロンドン支店

複雑な金融商品の価格を算出するためのモデルの検証。欧州を代表する投資銀行の一つとして様々な金融商品を販売しているのですが、なかには非常に複雑な仕組みをもった商品もあります。銀行は、取引管理の目的で、あるいは会計上の要請から、さまざまな数理モデルを使ってこうした商品の価値を計算しています。私の部署は、そのモデルが適正かどうか(数理的にあるいは規制法規の観点から)という検証を、取引を行う部署からは独立した立場で行っています。直接取引に立ち会ったりお客さんと話したりする興奮感はないのですが、知的な面白さにあふれ、学び続ける喜びを感じられる毎日です。

"ものすごくチャレンジングな環境でした。
私はいわゆる「一般生」で大した取り柄もなく埋もれてしまっているのに対して、特に「帰国生」のみなさんはそれぞれ個性があってとても輝いているように見えました。いつも「私の本当の個性ってなんだろう」「本当は今何がしたいんだろう」とか「そもそもなんで私はこんなことに悩むんだろう、なぜ友人のようにありのままに生きられないんだろう」などと悩んでいました。答えのない問いなので考えすぎて疲れてしまいましたが、今考えるとこれは、「本質的な問いには決まった答えがない」ということを知るために、そして答えが見えないという状態に耐えることを学ぶために必要なステップだったのでは、と思います。
外国語、特に英語に関しても、日常会話を普通に話せる友人のようになりたいけれど、自分の下手な英語で話しかけたら迷惑だろうという屈折した思いがあり、家で毎日ラジオを聞いたり映画を観たりしてこっそり特訓していました。したがって正直なところICU高校時代はあまり英語を話さなかったのですが、外資系企業に勤め始めてから、そして海外の大学院に通い始めてから、高校時代の蓄積が若干なりとも役に立ってきているような気がします。大学院の友人に「あなたはアメリカの大学に行っていたんでしょ?」と誤解された時は、すごく嬉しかったです(笑)。"

"みなさんの人生には、ICU高校に入ったことも含めて、本当にご自分にとって必要なことしか起こりません。ときには、不運・不幸としか思えないようなことが起きることもあるでしょう。けれどそれは、みなさんを打ちのめすために起きるのではなく、みなさんを真に生きるに値する道に導くために起きるのです。こうした出来事の本当の意味を見つけるまで、とても時間がかかるかもしれません。でも、絶対にいつか見つけると思います。恐れずに、胸をはって毎日を過ごしてください。

世界に目を向けるきっかけ

K. G 8期生 慶応義塾大学商学部 大手総合商社 大学院・国連機関(UNDP・ILO)

現在、大学で開発経済学(発展途上国の経済学)を教えています。

世界に目を向けるきっかけとなる、私にとってはかけがえのない場でした。

とても多感で伸び盛りな高校時代を、ICUHSのようなすばらしい場所で過ごせるのはとても幸せなことだと思います。ぜひその最高の環境をフルにエンジョイしてください。

生涯の恩師と友人に出会えた場所

N.W 5期生 東洋女子短期大学 英語英文科

専業主婦

生涯の恩師と友人に出会えた場所

3年間はあっという間ですので、悔いのない高校生活を送ってください。

世界の縮図

7期生 S.K 上智大学法学部中退 飲食業

WEBコンサル系電話営業

将来に役立つ異文化間の平和や自主性について体感できた貴重な場所

人生で一番楽しく一番勉強になった場所

友達が増え自信がついた

自分を発見し、知ることができた場所

神様と寛容な先生方に守られ愛された時空間

異文化経験者との接触やアイデンティティや個性や青春やいろんなことを体験したり感じたりできる時間を大切に楽しんで下さい。
卒業しても神様の愛やクリスチャニティーやICUHSや友達のクレイジーな素晴らしさや先生方や母校への感謝の気持ちを私の様に感じてもらえると思います。

ポジティヴに認め合える場所

18期生 T.S 早稲田大学理工学部建築学科 早稲田大学理工学部大学院(建築) Enric Miralles Benedetta Tagliabue Arquitectes Associats スペインの出版社

建築、デザインの書籍を作るスペインの出版社に12年ほど務めた後独立して夫と一緒にブックデザインの会社を作って、本を作る仕事などをしています。

画一的で厳しい公立中学校を卒業後入ったICU高校は、私にとって、自由、そして個性の尊重が実践されている特別な場所でした。様々なバックグラウンドを持ってやってきた生徒がそれぞれの違いをポジティヴに認め合える場所、15-18歳という特別な時間をこのような素敵な場所で過ごせたことを今も誇らしく思っています。

ICU高校は、本当にいろいろな面白い人達に出会える世界でも特別な場所の一つです。是非たくさんの友だちを作って、その人たちとの関係を一生大事にしてください。

 前の5件  |  1    2    3    4    5    6    7    8    9    10    11  |  
 

PAGE TOP

-----