2010年5月 一覧

2010.05.31

スクールライフ

本日開店!ライティングセンター

本日、ICU高校ライティングセンターがオープンしました。
写真はオープニングセレモニーの様子です。テープカットとクラッカーでお祝いしました。


ライティングセンターというのは、チューターとの対話を通して書き手の力を伸ばすための場所。もともとはアメリカで始まり、現在では日本の大学にも広まって来ていますが、高校段階では例のない取り組みです。新しいチャレンジに私達スタッフもわくわくしています。

生徒の皆さんは学校でレポート、エッセイ、志望理由書に感想文と様々な文章を書いていると思います。自分で日記をつけたり小説を書いたりしている人もいるでしょう。書いていて迷ったり、行き詰まったりすることもあると思います。そんな時、気軽に訪れてみてください。チューターと話をしている中で、発見するものが必ずあるはずですから。

ライティングセンターの取り組みについてはブログ上でもご紹介して参ります。どうぞお楽しみに。

 

2010.05.27

スクールライフ

春学期中間試験始まる!

高校は今週は中間試験です。

特に一年生は、いわゆる「中間試験」が初めての人も多いですが
戸惑いつつも、教員に質問に行くなどして頑張っています。

写真は本日のラウンジの様子。いつもは騒がしい校内も、今日は静かです。

 

M

2010.05.14

ICUHSは30周年!

ICUHS RETROSPECT <INDEX>

“ICUHS RETROSPECT”
30周年を迎えたICU高校の「過去」を振り返るアルバム・ブログ。
みなさん、お楽しみいただけたでしょうか?

レトロなアルバムはこれが最後の一頁です。この続きは明日、公開される
30周年記念スペシャルサイトの卒業生による「あの時私は」&「贈る言葉」で
お楽しみください。

懐かしいあの出来事、忘れられないあの授業、大切なあの瞬間・・・。

そして未来のICUHSへ。

それではまたアルバムを開く日まで。

数学科F    第1弾 <約束>
数学科M    第2弾 <その3年が我人生の重心>
数学科S    第3弾 <幸せな30年でした>
数学科S    第4弾 <不公平だ!>
数学科F    第5弾 <更なる発展を祈ります>

地歴公民科I  第6弾 <あなた一人のためにだけ!授業をした>
地歴公民科H  第7弾 <担任をしたクラスの皆さんへ、元気ですか?>
キリスト教科A 第8弾 <あえて直近の思い出を書きます> 
体育科H   第9弾 <中身と外見>
体育科W   第10弾 <最初で最後の修学旅行>

養護教諭O  第11弾 <北海道本別生活学校バイブルワークキャンプ>
外国語科H  第12弾 <修学旅行に纏わる思い出>
外国語科T  第13弾 <ICU高校の思ひ出3連発—写真付き>
外国語科S  第14弾 <学校祭の思い出>
外国語科R  第15弾 <MEMORY + HOPE = ?>

外国語科H  第16弾 <静かに輝く光 ~闇の中で~>
理科Ⅰ    第17弾 <伊豆七島>
理科S    第18弾 <1985年頃>
理科Y    第19弾 <沖縄修学旅行の下見>
司書教諭T  第20弾 <卒業生の皆さんお元気ですか。>

国語科I   第21弾 <座禅体験>
国語科K   第22弾 <30周年思い出とか・・・>
国語科N   第23弾 <男子サッカー部と私>
国語科A   第24弾 <フィリピンからのお便り>
数学科I   第25弾 <30年間を思い出している>

数学科M   第26弾 <歴史を刻みながら精進しています>
数学科A   第27弾 <原点>
地歴公民科N 第28弾 <倫理のプレゼン、今も続いています。>
地歴公民科K 第29弾 <懐かしの「S・M」>
体育科S   第30弾 <スキー教室・マリンキャンプの思い出>

体育科A   第31弾 <「100メートル走」のルール。>
体育科O   第32弾 <2人分の想い。>
外国語科H  第33弾 <2006年3月卒業式>
外国語科R  第34弾 <"成長しながら、青春をキープ!">
外国語科K  第35弾 <タイのジャングルから教育界のジャングルへ>

外国語科N  第36弾 <First Year L4 Global Issues Presentations>
外国語科N  第37弾 <女子サッカー部>
生物T    第38弾 <あの頃の写真紹介>
理科S    第39弾 <歴史的一勝>
国語科H   第40弾 <まだ30周年>

国語科N   第41弾 <未来はどこにありますか>
国語科M   第42弾 <充実感は結果の大小に関わらない>
外国語科・元帰国生徒教育センター長O
       第43弾 <Happy 30th Birthday to ICUHS!>
理科・教頭N  第44弾 <ICUHSの自然>
外国語科・元校長N第45弾 <ロードレース>

地歴公民科T  第46弾 <自由研究講座>
国語科N   第47弾 <すてきな明日を拓いていけますように!!>

 

M

2010.05.13

ICUHSは30周年!

ICUHS RETROSPECT 第47弾

「全力をもって君のハートを守れ
 なぜならそこから日々の生活(Leben)が湧いていくからだ」
(旧約聖書、箴言の言葉より)

みんながよい学校生活をおくれますように!
そしてすてきな明日を拓いていけますように!!

 

国語科 N.T.

2010.05.06

ICUHSは30周年!

ICUHS RETROSPECT 第46弾 <自由研究講座>

 大学生だった頃、政治思想史の先生が主催する聖書研究会・読書会に通い続けた。先生の著書『大切なものは目に見えない‐「星の王子さま」を読む‐』には、よくその会の魅力が示されている。それが忘れられず、ICU高校に来てから3年次の選択科目「自由研究講座」で現代史に関連した、生き方をも問うような本を生徒と読んだ。斎藤和明元ICU高校校長が訳したアーネスト・ゴードン『クワイ河収容所』(旧題『死の谷をすぎて』)は学生の時薦められて読み、ここでも読んだ。今、もっと読まれて良い名著と思う。

 

社会科 T.M.