2014年3月 一覧

2014.03.31

スクールライフ

満開

昨日(30日)、気象庁が東京都心で桜(ソメイヨシノ)が満開になったと発表しました。平年よりも4日早く、昨年より8日遅いとのことです。ICU高校の花々は、去る人を送り出し、来る人を迎えるように、この春も静かに咲き初めています。
その学校では新年度・新学期の準備が着々と進んでいます。新入生のみなさん、ここを本物の出会いと切磋と成長のアゴラΑγοράにするのは、他ならぬみなさん自身です。みなさんを迎えるのをICU高校のみんなで楽しみにしています。桜吹雪のICU高校で会いましょう!

旧約聖書 雅歌 2章
 恋人よ、美しいひとよ
 さあ、立って出ておいで。
 ごらん、冬は去り、雨の季節は終った。
 花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。
 この里にも山鳩の声が聞こえる。
 いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。
 恋人よ、美しいひとよ
 さあ、立って出ておいで。

 

2014.03.17

スクールライフ

野球部 春の大会

IMG_543436006082.jpeg

都深川.png






初回に先制するも、その裏、大量失策による6失点。
最後まであきらめず、9得点で3点差まで詰めよるも逆転ならず。
応援に来て下さった皆様、ありがとうございました。
この悔しさを忘れずに、夏の大会に向けて奮起してほしいです。

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

〈PR〉 
中学生のみなさん  
私たちは、海外での野球経験者と国内での野球経験者が融合することで、
日本国内にはない、ICU高校ならではの野球チームを目指しています。
ICU高校で一緒に野球をやりませんか。

 

ICU高校野球部

2014.03.12

スクールライフ

コーラス部 春の訪問コンサート

コーラス部から、昨日3月11日の活動報告が来ました。


コーラス部がご近所にある特別養護老人ホーム「ケアコート武蔵野」にて演奏を行いました。今年で3年目を迎えるこのコンサート。入所者のみなさんと部員が声を合わせて一緒に歌う、温かいひと時です。

人はみなそれぞれの強さと弱さを持っています。
自らに与えられた強さを知り
それを隣人のために使うことこそ大きな喜びに直結している、
これは、多くの人が知っていることでしょう。

日本中に祈りが満ちていたこの日、
隣人と「共に生きる」ことを喜び合う
出会いと分かち合いの恵みが与えられたことは
ICU高校にとって本当に有り難いことでした。
人生の大先輩であるホームのみなさんに御礼申し上げます。

ヤコブの手紙5章
 あなたがたの中で苦しんでいる人は、祈りなさい。
 喜んでいる人は、賛美の歌をうたいなさい。
 信仰に基づく祈りは、病人を救い、
  主がその人を起き上がらせてくださいます。
 だから、主にいやしていただくために、罪を告白し合い、
  互いのために祈りなさい。
  正しい人の祈りは、大きな力があり、効果をもたらします。

 

2014.03.04

スクールライフ

期末試験2日目終了。

今日は梅が咲いていました。

紅梅と言えば、試験中の生徒にとっては験のよい道真公の
飛梅の話が思い出されます。

昔を懐かしんで歌を詠みかけた道真に、梅は漢詩で答えたとか。

和歌にしろ漢詩にしろ、はたまた絶妙なライムのラップにしろ
あふれる思いを美しい詩にできるようになりたかったな、と
実用的な学問みたいなことに捕らわれていたnaïveな若い頃を
少々残念な気持ちで思い返しています。

 朝まだきおきてぞ見つる梅の花夜のまの風のうしろめたさに

 兵部卿元良親王
 拾遺和歌集 一春

 

2014.03.03

スクールライフ

学年末試験

弥生三月、桃の節句の今日、
ICU高校では期末試験(学年末試験)が始まりました。

教室前の河津桜の花が咲きました。めじろでしょうか、
鳥が連れ立って来てはチュンチュンとつついています。

学年末はテストだ卒業式だと慌ただしいので、この河津桜は
生徒や教職員がじっくり愛でる暇もなく散ってしまう・・・
今日事務室で聞いた話です。

 いま桜咲きぬと見えてうすぐもり春にかすめる世のけしきかな

 式子内親王
 新古今和歌集 春上

昨今は、粒子状物質PM2.5による健康への影響が
大陸のみならず日本でも深刻な懸念材料となっているようですが、
今の地道な学びの先に、自然環境を守るというこの大きな責任を担う
働き人が続々と現れることも、ICU高校が持つ「幻」の一つです。

 

SUPER GLOBAL HIGH SCHOOL Project

ICU高校30周年記念スペシャルサイトƒˆ