スクールライフ 一覧

2017.04.25

男子バスケ部 関東大会予選2017

ICUHS 96ー70 都立青梅総合

全員出場で初戦突破!
ゲーム序盤、少し硬さがみられたものの第2ピリオドから徐々にICUペースにもちこみ、初戦突破を果たしました。後半はベンチメンバー全員が出場してゲームを終えました。昨年の同大会で大差で敗れた相手にリベンジを果たしました。

応援にきてくださった保護者のみなさん、在校生、卒業生のみなさん、ありがとうございました。


ICUHS 男子バスケットボール部

 

2017.03.19

2017 野球部 春の大会

2017橘1.jpg

2017橘.png




4点差守り切れず。
両チームともランナーが出るものの得点に結びつかず。均衡をやぶったのはICUHS。3回裏、先頭打者3ベースヒットを皮切りに一挙3得点。その後、追加点を重ねつつ終盤へ。4点差リードで迎えた8回、集中打を浴び、一気に同点とされる。9回に逆転されるも、最終回の攻撃で2アウトランナー1・2塁、一打同点、更にサヨナラのチャンスをつくる。しかし、反撃もここまで。
あと一歩の所での敗戦です。まだまだ、力のないチームですが、ここまで成長しました。もっと成長して、夏の大会では、勝利をつかんでほしいです。

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *
〈PR〉 
中学生のみなさん  
ICU高校は、国内外から野球好きが集まり、ICU高校ならではの雰囲気で、「野球」と「ベースボール」の融合を目指しています。「のびのびと熱く!」をチームスローガンに、日々練習しています。都内でも有数の大変広いグランドで、毎日思いっきり野球ができます。
この恵まれた環境で、新しいスタイルの野球を目指し、一緒にプレーしませんか。

 

ICU高校野球部

2016.09.10

野球部 2016秋の大会

2016三鷹.jpg

2016三鷹中等.jpg






延長戦の末、惜しくも逆転サヨナラ負けでした。
9回2点リードを守り切れなかった弱さはあるものの、7回にビックイニングを作って逆転するなど、チームとしての成長を感じる一戦でした。
まだまだ、課題はたくさんありますけど、次の大会に向けてしっかり練習して、レベルアップしてほしいです。
本日もたくさんの応援、ありがとうございました。


*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *
〈PR〉 
中学生のみなさん  
ICU高校は、国内外から野球好きが集まり、ICU高校ならではの雰囲気で、「野球」と「ベースボール」の融合を目指しています。都内でも有数の大変広いグランドで、毎日思いっきり野球ができます。「のびのびと熱く!」をチームスローガンに、日々汗を流しています。
この恵まれた環境と独特の雰囲気の中で、一緒にプレーしませんか。

 

ICU高校野球部

2016.07.12

野球部 2016夏

2016明大明治1.JPG
2016明大明治.jpg




強豪校相手に、初回先制し、その後も幾度と得点のチャンスはあったものの、力およばず初戦敗退です。
点差こそ大きく離れてしまったものの、打っては7安打、守っては失策0と、持ち前の「のびのびと熱い!」プレーで全力を出しました。
次の代へ、熱い思いが伝わる試合だったと思います。

2016明大明治2.JPG
2回表、2アウト ランナー2-3塁の場面
一打同点のチャンス

2016明大明治3.JPG
暑い中、今日もたくさんの方々が応援に駆けつけてくれました。
本当にありがとうございました。

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *
〈PR〉 
中学生のみなさん  
ICU高校は、国内外から野球好きが集まり、ICU高校ならではの雰囲気で、「野球」と「ベースボール」の融合を目指しています。「のびのびと熱く!」をチームスローガンに、日々練習しています。都内でも有数の大変広いグランドで、毎日思いっきり野球ができます。
この恵まれた環境で、新しいスタイルの野球を目指し、一緒にプレーしませんか。

 

ICU高校野球部

2016.03.13

野球部 2016春の大会

2016KKT.jpg

KKT(2016).jpg





 かえつ有明高校、科学技術高校、つばさ総合高校の連合チームと早実グランド(王貞治記念グランド)で対戦しました。
 初回に先制を許し、追いかける展開に。4回に相手校にビックイニングを作られ、終始リズムを取ることの出来ない試合展開でした。チームの力不足が改めて浮き彫りに出た試合内容でした。ただ、その中でも、3回に3ベースヒット、5回にホームランが出るなど、一冬超えて個々の力量は上がってきた様に感じます。
 夏大会に向けてレベルアップし、昨年に続く勝利を手にしてほしいです。
 この日は、早朝の第一試合にも関わらず、そして、かなり冷え込んだ中、たくさんの方が応援に駆けつけて下さいました。本当にありがとうございました。

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *
〈PR〉 
中学生のみなさん  
ICU高校は、「のびのびと熱く!」をチームスローガンに、日々練習しています。都内でも有数の大変広いグランドで、毎日思いっきり野球ができます。国内外から野球好きが集まり、ICU高校ならではの雰囲気で、「野球」と「ベースボール」の融合を目指しています。まだまだ、未熟なチームですが、皆モチベーションは高いです。この雰囲気の中、一緒にプレーしませんか。

 

ICU高校野球部

2015.11.21

卒業生を囲む会#2

DSCN6616.JPG

今回は、31期生を中心に卒業生の方々に来て頂きました。
31期生は、大学4年生~大学院生、社会人と、高校時代の進路選択によって、それぞれの進路が実現している世代です。在校生の進路選択を控えたこの時期に、いろいろ話が聞けるよい機会になりました。また、今回来て頂いた卒業生は、皆一般入試を突破して、それぞれ進路実現を果たしている人たちです。いろいろ苦労を重ねているだけに、興味深いお話を聞くことができました。

DSCN6626.JPG

・高校時代、どのくらい勉強していたのか。
・受験で使わない「日本史」と「地理」の科目選択で迷っているが、先輩達は実際どのように選択し、その選択はどのように自分に影響したか。
・塾には行っていたか。行くタイミングは?
・隙間時間の勉強方法
・勉強の息抜きの方法
・受験に使わない科目の授業の受け方・勉強の仕方
・センター試験こうやって解いたらいいよ
・小論対策はこうすると効果的
・高校時代を振り返って、「今」大切にしなければいけないことは何か。
などなど、進路実現を果たしてきた先輩だから言える貴重なお話が、たくさん聞けました。

今日駆けつけてくれた卒業生のみなさん、お忙しい中、こうしてたくさんのお話をして頂き、本当にありがとうございました。

 

2015.10.01

野球部 引退試合2015

9/18(金)文化祭のイベントの一つとして、野球部36期の引退試合が行われました。

DSCN6476.JPG

新旧エース対決!
力の入る、勝負でした。

DSCN6486.JPG

あいにくの雨でしたが、再び一緒にプレー出来て、良かったです。
3年生は、これからの受験がんばってほしいです。

DSCN6487.JPG

雨のため、2イニングで終わりましたが、思い出に残る引退試合が出来ました。
関係の皆さま、ご協力に感謝致します。

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *
〈PR〉 
中学生のみなさん  
ICU高校は、「のびのびと熱く!」をチームスローガンに、日々練習しています。都内でも有数の大変広いグランドで、毎日思いっきり野球ができます。国内外から野球好きが集まり、ICU高校ならではの雰囲気で、「野球」と「ベースボール」の融合を目指しています。
是非一度、グランドを見に来て下さい。そして、一緒にプレーしませんか。

 

ICU高校野球部

2015.09.06

野球部 秋大会(2015)

2015豊南.jpg
2015豊南.png






新チームの初戦となる秋の大会が、早実グランド(王貞治記念グランド)で行われました。未熟さが露呈する形になってしまいましたが、選手達は精一杯プレーしました。次の春の大会までには、大きな成長を遂げたいと、新たなスタートを切りました。今日も多くの方々に応援に来て頂き、本当にありがとうございました。

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *
〈PR〉 
中学生のみなさん  
ICU高校は、「のびのびと熱く!」をチームスローガンに、日々練習しています。都内でも有数の大変広いグランドで、毎日思いっきり野球ができます。国内外から野球好きが集まり、ICU高校ならではの雰囲気で、「野球」と「ベースボール」の融合を目指しています。まだまだ、未熟なチームですが、皆モチベーションは高いです。この雰囲気の中、一緒にプレーしませんか。

 

ICU高校野球部

2015.09.02

秋学期、始まりましたーWelcome!9月生

長かった、いやいや、アッという間だった夏休みが終わり、
2学期が始まりました。

今日は、2学期の始業式。と、同時に、9月生の入学式でした。

久々にみんなが集い、夏の思い出話しに盛り上がり、そして新しい仲間を
受け入れました。

9月生の皆さん、最初は不安もたくさんあるでしょうけど・・・大丈夫!

740人の気のいい仲間が、皆さんの新しい一歩を応援し、
その先の歩みを支えてくれます。

そして、担任も、副担も、教科の教員も、皆さんの生活や勉強を、
見守り、励ましてくれます。

2学期は、2週間もすると行事週間へ突入します。
部活も有志団体も、練習に一層気合が入りますね!

無理をしてケガや体調を崩すことが無いようにだけ気を付けて、
精一杯、青春の汗を流してください!

IMG_0004.JPG

IMG_0008.JPG
生徒全員を前に、あいさつ。緊張~ してないかー
IMG_0020.JPG
生徒宣誓
IMG_0028.JPG

式典に続き、SGH講演会が行われ、ICU大学学長 日比谷先生がお話をしてくださいました。
IMG_0045.JPG

P.S.
 あゆむ君、今日のムチャぶり、許してね。

 

J.B.C

2015.08.12

コーラス部 NHK全国学校音楽コンクール東京都本選へ!!

8月6日(木)文京シビックホールで「NHK全国学校音楽コンクール」の東京都本選が行われ、わがコーラス部が初出場しました。

残念ながら、金銀銅には入賞できませんでしたが、予選突破は快挙だったと思います。
皆様の応援を心から感謝いたします。

実は、東京都本選は、8月26日(水) 午前7:25~10:00に、NHK-FMラジオで放送されます。
(演奏順は、15校中、10校目)

生徒諸君、保護者の皆様、ぜひラジオに!

そして、ぜひ、学校祭にて生のライブをご覧ください!!!

 

K

2015.07.15

野球部 初の夏2勝ならず

OI000491.jpg
2015狛江.png






創部初の「2勝」をと意気込んだ3回戦。立ち上がり0-0と良いスタート。3回から先の試合で好投をした2年生投手を投入。しかし、思わぬ失点で6点を追いかける形に。すぐに3点を返し、5回途中から再登板した3年生投手がよく踏ん張り、7、9回に1点ずつ返すも、逆転には及ばず。3回戦の壁は厚かった。
この試合、どんなに窮地でも決して諦めることなく、「のびのびと熱く!」プレーする選手の姿に、チームの成長を感じました。「この壁を越える時は近い」と感じる一戦でした。

今日は終業式という中で、学校が終わって、すぐ応援に駆けつけてくれた在校生の皆さん、そして、いつも応援して下さっている皆さん、ありがとうございました。試合が終わって見上げたスタンドに、制服で埋め尽くされたあの光景に目頭が熱くなりました。こんなにもたくさんの人に応援してもらえるチームに成長したことが、何よりもうれしいです。本当にありがとうございました。

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

〈PR〉 
中学生のみなさん  
ICU高校は、「のびのびと熱く!」をチームスローガンに、日々練習しています。都内でも有数の大変広いグランドで、毎日思いっきり野球ができます。国内外から野球好きが集まり、ICU高校ならではの雰囲気で、「野球」と「ベースボール」の融合を目指しています。
この恵まれた環境で、「のびのびと熱く!」一緒にプレーしませんか。

 

ICU高校野球部

2015.07.13

新 机・椅子 いきまーす!!

次の30年間のための机・椅子が本日稼働開始いたしました。

 

antonio

2015.07.11

野球部 勝ちました!

IMG_2069.JPG
2015拓大一.png






7/11(土)夏の大会、初戦でうれしいコールド勝ちです。
序盤、相手校の足を絡めた攻撃に3点リードを許すも、しぶとく2点を返して食らいつく。そして、6回に1アウト2塁からレフト前ヒットで同点とし、さらにスクイズで勝ち越して、この回一気に9得点で試合を決めた。投げては3回からリリーフした2年生投手が好投し、相手強力打線を封じた。
やる事なす事、すべてICU高校に「吉」と出て、「のびのびと熱く!」のチームスローガンを前面に出すことが出来た試合でした。

IMG_2106.JPG

今日もたくさんの応援に来て下さり、ありがとうございました。
心強い応援です。応援席も「熱い!」です。

IMG_2068.JPG

しぶとく食らいつく野球です。

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

〈PR〉 
中学生のみなさん  
ICU高校は、都内でも有数の大変広いグランドで、毎日思いっきり野球ができます。野球好きには大変恵まれた環境です。国内外を問わず野球好きが集まり、ICU高校ならではの雰囲気で、のびのびプレーしています。「野球」と「ベースボール」の融合を目指したチームです。
ICU高校で一緒にプレーしませんか。

 

ICU高校野球部

2015.06.03

2015 C-week その1

DSCN6049.JPG
大学チャペルでペンテコステ礼拝が行われました。
20の言語で読まれる聖書は、ICU高校ならではの礼拝です。

DSCN6045.JPG
ペンテコステとは「50番目」という意味です。イエス・キリストが十字架の死から復活して50日目に、弟子たちの上に聖霊がくだった出来事をさします。クリスマス,イースターとならぶキリスト教の三大祝日のひとつです。

DSCN6052.JPG

今年は、ギリシャ語にはじまって、日本語(口語),中国語,ベンガル語,スワヒリ語,オランダ語,フランス語,スウェーデン語,スペイン語,英語(キングジェームス版),英語(現代),アラビア語,イタリア語,ロシア語,ポーランド語,ドイツ語,日本手話,韓国語,インドネシア語,日本語(文語)と朗読されました。

 

M

2015.06.03

2015 C-week その2

DSCN6053.JPG
ペンテコステ礼拝の後にマルチイベントが行われました。

DSCN6066.JPG
マルチイベントは、伝道,国際協力,環境,社会福祉,社会問題,文化など、様々な分野の専門家をお招きし、全校生徒がそれぞれの関心・希望に従って選択、参加するというものです。

DSCN6058.JPG

 

M

2015.06.03

2015 C-week その3

DSCN6076.JPG
今年のマルチイベントは、24のイベントが用意されました。

DSCN6080.JPG
高校生のうちに「本物に触れる」経験をしてほしい。毎日の生活から少しだけ視野を広げて見てほしい。そんな思いと多くの方のご協力によって、毎年続けられている行事です。

DSCN6074.JPG

 

M

2015.05.04

ゴールデンウィーク

本日は快晴!
グラウンドでは野球部が練習試合。

2015_GW_01.jpg

体育館では男子バスケットボール部が練習試合です。6校も集まると体育館は選手たちで一杯です。

2015_GW_2.jpg

練習でやってきたことを発揮し、次の大会に向けての課題も見つけられる一日になるといいですね。
頑張れ!

 

Julieta

2015.04.10

ウーパールーパー産卵!

3月27日にみごと産卵しました!

IMG_1557.JPG

透明な膜につつまれた白い卵!

 

たま

2015.03.17

野球部 タイブレークの末

IMG_8807.JPG

連合.jpg






3/15(日)に春の大会が行われました。

初回に先制し、一度逆転を許すも、再び逆転。
1点リードで迎えた最終回、勝ちを意識したのか、痛恨の逆転を許す。
しかし9回裏、2点差の逆転を3ベースヒットで同点とし、なおも0アウトランナー3塁。
サヨナラのチャンス。
相手校の満塁策に得点できず、タイブレークへ突入。
0アウトランナー 1-2塁からのスタート。
何度もサヨナラのチャンスを迎えるも、どうしてもあと1本が出ず。
結果、相手校の満塁弾の前に惜敗。

昨秋、帝京高校戦の 0-18 というスコアの何も出来ない野球から半年間、
問題意識を持って練習に励み、ここまで成長しました。

今回、勝ちを逃したものの、大きな手応えを感じる一戦でした。
次の夏の大会に向けて、更なる成長を期待したいです。

この大会も、寒い中、たくさんの方々に応援に来て頂きました。
本当にありがとうございました。

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

〈PR〉 
中学生のみなさん  
ICU高校は、都内でも有数の大変広いグランドで、毎日思いっきり野球ができます。野球好きには大変恵まれた環境です。国内外を問わず野球好きが集まり、ICU高校ならではの雰囲気で、のびのびプレーしています。「野球」と「ベースボール」の融合を目指したチームです。
ICU高校で一緒にプレーしませんか。

 

ICU高校野球部

2014.11.28

もう11月も終わりです。試験前ですね。

今日のお昼時の景色です。

美しいハレルヤの声が響いていました。

終業式のクリスマス礼拝で、合唱を捧げるみなさまの昼の練習でした。

うっとりですねー。

 

antonio

2014.07.06

野球部 熱戦

20140706.jpg

聖徳学園.png







5回まで相手打線をノーヒットで抑える力投。その力投に応え、6回に先制点を挙げる。しかし、その裏に逆転を許し、終盤の反撃に期待するが、互いに一歩も譲らない力投。惜しくも敗退です。今年もたくさんの方に応援に来て頂き、感謝です。特に終盤の「ICUコール」は、球場全体に響き渡るコールで鳥肌が立ち、大変心強かったです。本当に応援ありがとうございました。

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

〈PR〉 
中学生のみなさん  
ICU高校は、都内でも有数の大変広いグランドで、毎日思いっきり野球ができます。野球好きには大変恵まれた環境です。国内外を問わず野球好きが集まり、ICU高校ならではの雰囲気で、のびのびプレーしています。
ICU高校で一緒に野球をやりませんか。

 

ICU高校野球部

2014.06.11

避難訓練

今日は、時間をとって避難訓練を実施しました。
雨天だったために、体育館に集合でした。


生徒のみなさん、いつも、心の準備はしておきましょう。

とくに、帰国生のみなさんで、2011年3月11日に日本にいなかった生徒のみなさんは、しっかりと追想してほしいと思います。

あの日、体育館で一晩を余震の中で過ごした人たちもいたんですよ。

油断しないようにしたいものですね。

 

J.B

2014.05.15

mid term exam

いよいよ、試験まで一週間を切りました。
1年生は初めての試験にドキドキでしょうか?

お互い気持ちを整えて試験に臨みたいものです。

ちなみに、中庭の時計替わりました。
なぜか盤面が黄色の蛍光です。
夜でも見えるのかな?

2014_clockchange.JPG

 

J.B

2014.04.01

新年度

4月1日、新年度のスタートです。
今朝、熱心な部活の音と声が、体育館の辺りから桜を越えて響いていました。

 いざ今年散れと桜を語らはん なかなかさらば風や惜しむと

 西行
 山家集

 

2014.03.31

満開

昨日(30日)、気象庁が東京都心で桜(ソメイヨシノ)が満開になったと発表しました。平年よりも4日早く、昨年より8日遅いとのことです。ICU高校の花々は、去る人を送り出し、来る人を迎えるように、この春も静かに咲き初めています。
その学校では新年度・新学期の準備が着々と進んでいます。新入生のみなさん、ここを本物の出会いと切磋と成長のアゴラΑγοράにするのは、他ならぬみなさん自身です。みなさんを迎えるのをICU高校のみんなで楽しみにしています。桜吹雪のICU高校で会いましょう!

旧約聖書 雅歌 2章
 恋人よ、美しいひとよ
 さあ、立って出ておいで。
 ごらん、冬は去り、雨の季節は終った。
 花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。
 この里にも山鳩の声が聞こえる。
 いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。
 恋人よ、美しいひとよ
 さあ、立って出ておいで。

 

2014.03.17

野球部 春の大会

IMG_543436006082.jpeg

都深川.png






初回に先制するも、その裏、大量失策による6失点。
最後まであきらめず、9得点で3点差まで詰めよるも逆転ならず。
応援に来て下さった皆様、ありがとうございました。
この悔しさを忘れずに、夏の大会に向けて奮起してほしいです。

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

〈PR〉 
中学生のみなさん  
私たちは、海外での野球経験者と国内での野球経験者が融合することで、
日本国内にはない、ICU高校ならではの野球チームを目指しています。
ICU高校で一緒に野球をやりませんか。

 

ICU高校野球部

2014.03.12

コーラス部 春の訪問コンサート

コーラス部から、昨日3月11日の活動報告が来ました。


コーラス部がご近所にある特別養護老人ホーム「ケアコート武蔵野」にて演奏を行いました。今年で3年目を迎えるこのコンサート。入所者のみなさんと部員が声を合わせて一緒に歌う、温かいひと時です。

人はみなそれぞれの強さと弱さを持っています。
自らに与えられた強さを知り
それを隣人のために使うことこそ大きな喜びに直結している、
これは、多くの人が知っていることでしょう。

日本中に祈りが満ちていたこの日、
隣人と「共に生きる」ことを喜び合う
出会いと分かち合いの恵みが与えられたことは
ICU高校にとって本当に有り難いことでした。
人生の大先輩であるホームのみなさんに御礼申し上げます。

ヤコブの手紙5章
 あなたがたの中で苦しんでいる人は、祈りなさい。
 喜んでいる人は、賛美の歌をうたいなさい。
 信仰に基づく祈りは、病人を救い、
  主がその人を起き上がらせてくださいます。
 だから、主にいやしていただくために、罪を告白し合い、
  互いのために祈りなさい。
  正しい人の祈りは、大きな力があり、効果をもたらします。

 

2014.03.04

期末試験2日目終了。

今日は梅が咲いていました。

紅梅と言えば、試験中の生徒にとっては験のよい道真公の
飛梅の話が思い出されます。

昔を懐かしんで歌を詠みかけた道真に、梅は漢詩で答えたとか。

和歌にしろ漢詩にしろ、はたまた絶妙なライムのラップにしろ
あふれる思いを美しい詩にできるようになりたかったな、と
実用的な学問みたいなことに捕らわれていたnaïveな若い頃を
少々残念な気持ちで思い返しています。

 朝まだきおきてぞ見つる梅の花夜のまの風のうしろめたさに

 兵部卿元良親王
 拾遺和歌集 一春

 

2014.03.03

学年末試験

弥生三月、桃の節句の今日、
ICU高校では期末試験(学年末試験)が始まりました。

教室前の河津桜の花が咲きました。めじろでしょうか、
鳥が連れ立って来てはチュンチュンとつついています。

学年末はテストだ卒業式だと慌ただしいので、この河津桜は
生徒や教職員がじっくり愛でる暇もなく散ってしまう・・・
今日事務室で聞いた話です。

 いま桜咲きぬと見えてうすぐもり春にかすめる世のけしきかな

 式子内親王
 新古今和歌集 春上

昨今は、粒子状物質PM2.5による健康への影響が
大陸のみならず日本でも深刻な懸念材料となっているようですが、
今の地道な学びの先に、自然環境を守るというこの大きな責任を担う
働き人が続々と現れることも、ICU高校が持つ「幻」の一つです。

 

2014.02.25

雪氷解けて

今朝のグラウンド、一年生男子の体育の授業、サッカーです。
先々週の雪も十日を経てようやく融け、元気な足音が戻ってきました。

学校は学年締めくくりの1週間を迎えています。来週は学年末試験です。
生徒はみんなそれぞれしっかり取り組んでいることでしょう。

今朝から、全国の国公立大学では2次試験(前期日程)が行われています。
受験する三年生、そして卒業生の健闘を、心から祈っています。

旧約聖書詩編147編
 主は仰せを地に遣わされる。御言葉は速やかに走る。
 羊の毛のような雪を降らせ
  灰のような霜をまき散らし
 氷塊をパン屑のように投げられる。誰がその冷たさに耐ええよう。
 御言葉を遣わされれば、それは溶け
  息を吹きかけられれば、流れる水となる。

 

2014.02.14

雪のため

先週土曜日に続き、またも雪です。
今後相当な降雪が予想されるとのことで、
本日は急遽午後の授業を中止して下校することとなりました。
なくなった授業の分、
生徒のみなさんはしっかり家庭学習で補って下さい。

都市の交通を乱し、時には危険そのものとなる雪ですが、
降ったばかりの雪には格別の清らかさがあります。
聖書にも、そのような喩えがありますね。

 旧約聖書イザヤ書1章
  善を行うことを学び
  裁きをどこまでも実行して
  搾取する者を懲らし、孤児の権利を守り 
  やもめの訴えを弁護せよ。

  論じ合おうではないか、と主は言われる。
  たとえ、お前たちの罪が緋のようでも
  雪のように白くなることができる。
  たとえ、紅のようであっても
  羊の毛のようになることができる。

今日は自宅学習をしっかりしましょう。
また元気に学校で!

 

2014.01.24

合格発表

本日10時、冬のやわらかな陽差しの中、
帰国生徒書類選考入試の合格発表が行われました。

受験してくれたみなさんそれぞれのこれからの道が
それぞれ豊かに祝されますように、心から祈ります。

 旧約聖書イザヤ書55章
  雨も雪も、ひとたび天から降れば
  むなしく天に戻ることはない。
  それは大地を潤し、芽を出させ、生い茂らせ
  種蒔く人には種を与え
  食べる人には糧を与える。
  そのように、わたしの口から出るわたしの言葉も
  むなしくは、わたしのもとに戻らない。
  それはわたしの望むことを成し遂げ
  わたしが与えた使命を必ず果たす。

学校案内パンフレットやDVDの中のICU高校は
厳密に言えばもう過去のもの、伝統です。
その土壌の上に、また新しいICU高校を作る
その主役となる新しい仲間を迎えられることを
生徒も先生も職員もみんなで心から喜び、楽しみにしています。


 

2013.12.05

秋学期授業最終日

本日、秋学期の授業最終日でした。

暑い9月から今日までの3ヶ月余り
さて、学業の充実具合や如何?

明日からの期末テストでは
日頃の努力が正直に反映され、
いい成績に繋がることを期待しています!

〜今週より 主を待ち望む待降節=ADVENT〜

 

H

2013.11.09

女バス 8年ぶりの公式戦勝利!

女子バスケット部からのニュースです。


11月3日に行われた新人戦において、女バスが8年ぶりの公式戦勝利をおさめました。
試合開始早々に先制して以降、終始押し気味に試合を運び・・・
途中追いつかれそうになりつつも、最後まで主導権を渡さず、10点差での勝利。
観客席に座っていた保護者・OGの皆さんの声援が、私たちを後押ししてくれました。
試合の度に応援に来てくださっていた保護者の皆さん、OGのみなさん、本当にありがとうございます。
今後も応援よろしくお願いいたします!
ICU高校女子バスケットボール部

選手一人ひとりの、そしてチーム全体の、
日頃の努力の地道な積み重ねが、この輝かしい1勝の背景にあります。
そして支えてくれる多くの人たちの思いも・・・。
ここから、またさらなる充実を。期待しています!

 

H

2013.11.08

SAT Essay Writing Workshop!

Writing Centerからのレポートです。


報告が遅くなりましたが...、9月26日(木)の放課後に『SAT Essay Writing Workshop!』というイベントを行いました。SAT のEssayを書くときにはどうしたら良いのか、本校30期の卒業生で、現在はライティングセンターのチューターでもある寺田さんが話してくれました。
SATを受ける人が対象ということで、英語による講演でした。やはり本校では、SATを受ける人も、このイベントに興味を持つ人も多く、20名を超える参加者が集まりました。自分で高得点のEssayと得点が伸びないEssayとの違いを見つけたり、文法的な注意事項やEssayを書くときに気を付けるべきこと、出題の文章や時間の使い方などを学びました。
Essayは......やはり、主体的に書くもの。自分で書く練習を実際にやらないと、書けるようにはならないようです。書いて、練習して、客観的に他の人に読んでもらって...、時間はかかりますが、学問に王道なし、ですね。
図書館とライティングセンター共催のイベントでしたが、これをきっかけに、図書館で本を読み、主体的に文章を書き、ライティングセンターで客観的な意見をもらって、地道に準備しましょう!

筋道の通った説得力のある文章は一朝一夕に書けるようになるものではないですね。
文は人なりと言います。良い文を書く人は、よく読める人になります。
生徒のみなさんには、ぜひwriting/readingの奥深さと向き合ってほしいと思います。

 

H

2013.11.07

Gospel music performance

Lecture Series on Christianity:
Gospel music performance
by Piano Koji, Kazumi Sueda + 3 grads.
Wed, Nov 6. 

Music with some history and sign language lessons.
Amazing grace shared (indeed!) by all the 1st year students while everyone was encouraged to raise his/her voice to participate in the groove (and of course praise).
Some students might have seemed a bit overwhelmed by the enthusiasm, perhaps? Her leadership was that powerful and professional, really.

Thank you very much, Koji-san, Kazumi-san, and 3 graduates.

 

H

2013.11.06

校外学習〜2年生

先週の校外学習、2学年からのレポートが届きました。


2年生秋の遠足:上野へ!

10月30日、気持ちよい秋晴れの下、2年生は上野へ遠足に行ってきました。
午前は、鈴本演芸場で寄席を鑑賞。
現代っ子のみなさんも笑えるかな~?と心配していましたが、会場は爆笑の渦でした。
江戸時代から受け継がれてきた笑いのスピリット、そして芸の深さに感動です。
午後は、上野公園内の文化施設を見学。
国立科学博物館、国立西洋美術館、上野動物園の3つの中から、好きなところを選んで訪れました。
科学の精神にふれたり、芸術の力に圧倒されたり、動物と出会って童心に返ったり。
学問と芸術と行楽の秋を、みっちり堪能する1日になりました。

鈴本演芸場は安政年間の開席から既に150年以上の歴史があるそうです

鈴本演芸場・ご出演のみなさん、博物館・美術館・動物園のみなさん、
いい勉強ができました。ありがとうございました。

 

H

2013.11.05

校外学習〜1年生

10月30日(水)は校外学習日。
学年それぞれの場所で普段とは違う学びの機会を持ちました。
1学年からのレポートです。


1年生は10月末に秋の校外学習で鎌倉遠足に行ってきました。
よく晴れたあたたかな鎌倉で、班ごとの自由散策と鎌倉能舞台での狂言鑑賞を楽しみました。
定番の鎌倉大仏を訪れた班あり、鶴岡八幡宮に行ってみた班あり、小町通りでショッピングを楽しんだ班あり・・・
初の鎌倉で「日本文化を体験する!」と意気込んでいる生徒もいたりして、皆それぞれに鎌倉の街を満喫した様子でした。

写真は高徳院のご本尊、銅造の阿弥陀如来座像、国宝です。
13世紀の造立ながら、その経緯については謎が多いとのこと。

鎌倉のみなさん、ありがとうございました。
特に鎌倉能舞台のみなさん、説明も演目の附子も、とても楽しかったです。
いい勉強ができました。ありがとうございました。

 

H

2013.10.09

夏の活動:Student Global Leadership Institute@Honolulu

以下、Saki-sanの報告です。Saki,ありがとう。


During the summer, Akari, Ayaji and I went to a program called Student Global Leadership Institute, held at Punahou School, in Honolulu, Hawaii. During the two weeks in Hawaii, we participated in activities such as workshops, discussions, and field trips. The activities really made us think in-depth, from many aspects about the problems our global community faces regarding "Food", which is SGLI's theme of 2013. I learned that there are numerous factors that contribute to these problems that make them very complicated. For example, enough food is produced worldwide to feed all the people in the world. However, there are many more factors including lack of infrastructure such as markets and transportation routes, high prices caused, and inefficiency in markets.
Apart from the topic of "Food", being in the international environment of students from all over the world was one of the best parts of the program. I really felt communication's importance; when each person with differing backgrounds brings his/her own color to the table, the result is far more diverse and rich. And in order to do that, we need to listen to others' opinions, compromise with each other, and come up with a consensus. The two weeks we spent in Hawaii made me realize that I am a member of the global community. I want to keep in touch with the people I met, and hopefully meet them in the future.

今年の夏休み中に、私とあかりと彩路はStudent Global Leadership InstituteというハワイのホノルルにあるPunahou Schoolで行われたプログラムに参加しました。このプログラムの目的は、現在世界が直面している様々な課題について理解していて、それらを解決しようと積極的である、国際的なユースリーダーのコミュニティーを作る事です。ハワイでの2週間では、ワークショップやディスカッション、また遠足等に参加しました。これらの経験は私たちに、今日の国際社会が取り組まなければいけない「Food」に関する問題について、他方面から深く考えさせました。どの問題点にも、様々な要因があり、とても複雑な事を知りました。たとえば、世界中の全員分の食料は生産されています。しかし、市場や交通の不足や物価の高騰、また市場の効率の悪さ等の多くの要因が食料分配には関わっています。
また、このプログラムではコミュニケーションの大切さを学びました。バックグラウンドの異なる一人ひとりが、それぞれのアイディアを持ち寄れば、より多くの人に共通点のあるものをつくれます。しかし人種や宗教、また考え方の異なる人々が一つの結果を出すには、譲り合う事も必要です。意見を出し合う際に、主張する所は主張しながらもお互いの意見に耳を傾け、全員が納得できる最高の結果を出す事がconsensusなのだなと実感しました。ハワイでの2週間で、一人ひとりが国際社会の一員である事を本当に感じました。

 

Saki

2013.09.02

編入学式と始業式

今日から秋学期が始まります。
秋学期とはいうものの、残暑が大変厳しいですね。

さて、9月生のみなさん入学おめでとうございます。
今日からのICU高校での生活が実り多いものであることを心からお祈りしています。

これから一学期からみなさん全力で学び・遊び・そして何よりも楽しみましょう。

2013SeptemberCom2.jpg

 

J.B

2013.08.31

あと一歩

拓大一.png




8/31 秋の大会が行われました。
過去に甲子園出場経験を持つ、野球の名門校相手に、延長戦の末、あと一歩力及ばず敗退しました。

初回に先制し、行き詰まる投手戦。
6回に逆転されるも、9回土壇場で追いつき、延長戦へ。

【延長10回の攻防】

10回表 ICUHSの攻撃
2アウト ランナー2塁
1打勝ち越しのチャンス
しかし、ファーストゴロでアウト。

10回裏 拓大一高の攻撃
同じく2アウト ランナー2塁
1打サヨナラのピンチ
レフトオーバーを打たれ、サヨナラ負け。

選手たちに、大きな成長を感じます。

応援に来てくださった皆様方、本当にありがとうございました。

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

〈PR〉 
中学生のみなさん  
私たちは、海外での野球経験者と国内での野球経験者が融合することで、
日本国内にはない、ICU高校ならではの野球チームを目指しています。
ICU高校で一緒に野球をやりませんか。

 

ICU高校野球部

2013.07.15

夏の大会惜敗

多摩大聖ヶ丘.png






強豪校相手に、7回までリード。
最後は力尽きましたが、よく頑張りました。

応援に来てくださった皆様方、本当にありがとうございました。

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

〈PR〉 
中学生のみなさん  
私たちは、海外での野球経験者と国内での野球経験者が融合することで、
日本国内にはない、ICU高校ならではの野球チームを目指しています。
ICU高校で一緒に野球をやりませんか。

 

ICU高校野球部

2013.07.13

さあ、夏休み!

本日、春学期の終業式がおこなわれました。
レポートカードには、今学期の勉強の成果がしっかりと現れていたことでしょう!

明日からは待望の夏休みです。
遊びの予定、勉強の計画、もう立てましたか?

写真は図書館の「教職員がすすめる本」コーナー。
暑い夏に涼しい部屋で本を読むのもいいものですよ。

すこやかに、今しかできない貴重な経験をたくさんしてくださいね。

 

N

2013.06.05

ペンテコステ礼拝

水曜の朝、全校でペンテコステ礼拝をおこないました。例年は大学チャペルでおこなっていますが、今年はチャペルが改修中だったため高校体育館が会場となりました。

ペンテコステとは「50番目」という意味です。イエス・キリストが十字架の死から復活して50日目に、弟子たちの上に聖霊がくだったできごとを指します。クリスマス・イースターとならぶキリスト教の三大祝日のひとつです。

キリスト教の教会では今年は5月19日にペンテコステ(聖霊降臨日)を祝いましたが、ICU高校では毎年6月のキリスト教週間中に礼拝を守っています。

s-pentecost2.jpg

聖霊がくだると、弟子たちは様々な言葉で話しはじめます。この出来事を書いた箇所を、礼拝の中では23の言語で朗読しました。ペンテコステのできごとにふさわしく、また、各国からの帰国生が集まるICU高校ならではの多言語聖書朗読です。

日本語、英語、中国語、からはじまって、スペイン語、フランス語、ドイツ語、ロシア語はもちろん、ベトナム語、スワヒリ語、ポーランド語、フィンランド語、ギリシャ語、エスペラント語に日本手話まで。

s-pentecost3.jpg

プリントを見ただけでも言語の多様性にびっくり!
これを読める友達がいるというのもびっくりです。

そして、これだけの言語に翻訳され、世界中で読みつがれている「聖書」という書物にも、あらためてびっくりしますね。

この日の礼拝後は、各自の希望する21の企画に分かれて参加する「マルチイベント」がおこなわれました。マルチイベントについては写真付きでご紹介しますので、少々おまちください!

 

2013.06.03

キリスト教週間がはじまりました!

ICU高校のキリスト教週間(通称C-Week)がはじまりました!

せっかく国際「基督教」大学高等学校に入学したのですから、ICUの「C」もしっかり味わっておきたいですよね。

今週は全校礼拝や学年講演会、そしてそれぞれの希望に分かれて参加するマルチイベントと、行事がもりだくさん。

キリスト教の話に限らず、みなさんのこれからにつながる様々な出会いがきっとあるはずです。

心を開いて、貴重な機会を逃さずとらえてくださいね。

 

N

2013.06.01

教育実習スタート

教育実習期間が本格的にスタートしました。
先生として前に立つことになると、学校で過ごす時間も生徒だった頃とはひと味違うことと思います。
ひとつひとつ楽しみながら、多くのことを吸収してくださいね。

 

N

2013.05.24

ライティングセンター利用案内(日英)できました☆

ICU高校ライティングセンターの利用案内、生徒のみなさんには日本語版を春にお配りしましたが、このたびめでたく英語版も完成しました!ライティングセンター前に置いてありますので、どうぞご自由にお取り下さい。

ライティングセンターでは利用案内と同様に、日英両語の対応をしています。日本語で英語のエッセイの相談をしたい人も、日本語が苦手なので英語でセッションしたいという人も、ライティングセンターをぜひ利用してくださいね。今年度は新しいチューターさんも加わってますますパワーアップしてますよ!

ちなみに、ICU高校はただいま中間試験まっさいちゅう。一年生ははじめての定期試験です。日本の学校の試験が初めて、という人もいるかもしれませんね。勉強の成果が十分に出せるよう、がんばってください。

試験が終わったら、6月はキリスト教週間(C-Week)でイベント目白押し!こちらも写真入りでレポートして参りますので、どうぞご期待下さい。

 

N

2013.04.18

新入生に薦める一冊フェア@図書館

ただいま図書館では「新入生に薦める一冊」フェアを開催中!

今月の図書館だより「Μουσείον むーせいおん」(museumの語源になったギリシャ語で「人と知の集まるところ」を意味します)で紹介されている教職員のおすすめ本が並んでいます。新入生のみならず二、三年生のみなさんも、ぜひ一度見にいらしてください。

新しいテーブルやイスも入って、ますます明るく居心地のいい空間になってきました。雑誌コーナーで英字新聞を見ていた生徒と図書館スタッフです。かわいいテーブルとイスにも注目!

新テーブル&スタッフ.jpg

人と知の集まるところ、図書館。今年もフル活用してくださいね。
スタッフ一同お待ちしています♪

 

N

2013.04.05

36期生 入学式

例年より一週間も早く咲いた桜。
嵐の予報でしたが午前中は雨にも降られず、春の風に吹かれて花びらが雪のように舞い散っていました。

そんな中、チャペルでおこなわれた36期生の入学式。
新入生代表がおごそかに生徒宣誓をしました。

e.ICUHS入学式130406-208.jpg

このあと、全員が世界人権宣言の原則に立つことをかかげた宣誓書にサイン。
ひとりひとりを尊重し、平和をつくる人を育てるというICU高校での生活は、ここからスタートします。

ようこそ、入学おめでとう。
この場所での学びが実り豊かなものとなりますように。

 

N

2013.03.15

33rd 卒業式

旅立ちの日。

ひとりひとりの名前が呼ばれ、卒業証書が手渡されました。

33期生みんながこの3年間の思い出を胸に、大きく羽ばたいていってくれることを祈り、また確信しています。

最後はネクタイ投げ!
c.ICUHS卒業式後130315_42.jpg

それぞれの場所で、元気にがんばってね。
母校はいつでもあなたたちを待っています。

 

N

2013.01.16

雪が降ると

いろいろな人の想定外であった大雪が降って数日経ちました。

学校では雪が降るとこんな景色に出会えます。

雪だるま(けっこう大きい)が遠くに見えます。

また、こんな角度から中庭をみることはなかったなーーー。

2013010162.JPG


次回は、新年集会の特集をします。ちょっと待っててください。

 

C.Y

2012.12.22

クリスマスおめでとうございます

今日は秋学期最終日。

朝はチャペルに集まりクリスマス集会です。

日本基督教団松本教会からお越しいただいた柳谷知之牧師にクリスマスメッセージを伝えていただきました。

本当にありがとうございました。

そして、3年間毎回この礼拝で独唱を披露してくれたSさんありがとう。

今回が最後かと思うと感慨深いです。 すてきな時間をありがとう。


さて、3年生諸君、この冬はいろいろな挑戦が迫っています。

前進しよう!

「20年後には、実際にしたことよりも、
しなかったことを後悔することになるだろう。
今こそ、安全な港より旅立て。
自らの帆で冒険せよ。
夢を抱き、探求するのだ。」

マーク・トウェイン

 

C.Y

2012.12.20

3年生最後の校外学習(遠足)

3年生は最後の校外学習でした。

よく晴れた日でした。 


クラスで仲良くパシャッと。

 

C.Y

2012.12.17

いろいろありまして

更新が滞っていました。

この1月半、いろいろなことがありました。

11月2日は各学年が校外学習に行きました。

残念ですが、手元に写真がありません。。

そして、11月12日は、今年度最後の学校説明会でした。

これまでには挑戦したことが無かった、生徒による学校紹介を取り入れました。

評判は上々でした。 生徒のみなさん、ありがとう。


そして、11月半ばは1年生・2年生にとって重要な2013年度用の科目選択。

いろいろ悩ましい時間を過ごしました。


11月末には生徒会役員が交代しました。

後期の生徒会役員のみなさん、よろしくお願いいたします。

記事を書きますので、早く原稿を下さいね。


そして、12月に入り、期末試験を終え、今にいたります。


クラブの活躍を紹介したかったのですが、手元に正確な情報がありません。

生徒のみなさん、お寄せください。


 

C.Y

2012.10.31

2012ハロウィーンの日

今年も来てしまいました。

生徒たちの勝手なお祭り。

ハロウィーン。。。。


普段の自分以外の自分になるのってそんなに楽しいのでしょうか?


 

C.Y

2012.10.27

テスト終了後の放課後

今日は中間テスト最終日。

午後からは部活が解禁。

そして今日は生徒会主催のドッジボール大会が行われました。

しかし、記者が取材に行ったときには、跡形もなし。

うん??


その後、多目的室でダンス部が大会に向けた練習をしているところに遭遇。

がんばっていますね。

 

C.Y

2012.10.17

中間試験1週間前のホームルーム

今日は、中間試験間前の最後のホームルームを取材。

1年生は生ゴスペルを聴きました。
ゴスペルの歴史とその精神について深く知れたのではないでしょうか?

20121017Freshman.JPG

2年生は、いよいよ来年の4月に近づいてきた修学旅行についての説明会でした。

魅力的なコースの説明に興奮気味の生徒たちでした。

20121017Soph.JPG


3年生はあと数えるほどしかないホームルームの時間。
今日は学年全体でドッジボールを体育館にて。
この仲間と過ごすのもあと少しの時間しか残されていませんね。
大切に過ごしてください。


20121017Senior.JPG

 

C.Y

2012.09.10

野球部 夏の強化合宿、秋季大会

ボール.jpg

新チームになり8月末に群馬県片品村で強化合宿を行いました。
恵まれた環境の中、4日間集中的に練習を行い、選手たちは個々の力を伸ばし、
またチームとしてもワンランク高いところにいけました。
chatch.jpg

マネージャーたちの活躍も合宿に欠かすことはできませんでした。
jag.jpg


9月に入り、春のセンバツ甲子園を懸けた秋季大会が始まりましたが、
今年はブロック予選で惜敗。
この悔しさを忘れず、より強いチームになるために日々練習に励んでいます。

*       *       *       *       *        *       
〈PR〉 
中学生のみなさん  
私たちは、海外での野球経験者と国内での野球経験者が融合することで、
日本国内にはない、ICU高校ならではの野球チームを目指しています。
ICU高校で一緒に野球をやりませんか。

T.N.

 

2012.09.03

今日から秋学期

2012年度の秋学期(2学期)も今日から始まりです。

9月編入生を迎えての入学式と始業式を行いました。


在校生・編入生が元気に集まるなか、留学していた生徒達も戻ってきて盛大な式になりました。

そういえば、Y生徒会長、なかなかいいスピーチでしたよ。
"関心"、これが今学期のキーワードになるかもしれません。

今学期もできるだけタイムリーに記事をアップ出来ればと思っています。

生徒諸君、何か告知したい内容があれば、C.Yまで。

 

C.Y

2012.07.14

野球部 大健闘!

本校野球部が選手権予選の西東京大会で2回戦まで進出!!

S主将の熱いメッセージをここに。

ちなみに写真は終業式の後に監督・顧問への花束贈呈の時のものです。


=========以下、S主将========

33期野球部は部員数10人で始まりました。
最初のころはキャッチボールもまともにできない超弱小軍団でした。
周囲の期待に応えられない僕たちは戸惑いました。
しかし、頼りになる下級生の入部と先生方の熱心な指導により、徐々に力を付けていきました。
やがて練習試合で勝てるようになり、自信もついていきました。

そんな中迎えた秋の大会。 自分たちの実力をしっかりと出し切れば勝てる相手でした。
しかし、結果は5回コールド負け。不完全燃焼でした。

悔しくてしょうがなかった僕たちは更に練習に熱を入れ、冬を越え、春の大会に臨みました。
それでもまた、力負けしてしまいました。 
自分たちの練習内容よりも練習に対する意識を見直させられました。
短時間で成長するために、走るダッシュの本数を増やし、
素振りの本数も増やし、3年生にとっての最後の大会である夏の大会に備えました。

そうして迎えた大会当日。
僕たちは観客席を見て今までやってきたことが間違っていなかったと思うほど応援スタンドが人でいっぱいでした。

そして、点の取り合いの死闘を応援に来てくれた人やサポートしてくれた人全員で乗り越え、勝利することができました。

その後の大会二回戦でおしくも敗れてしまいましたが、僕たち野球部は、周囲の方々のサポートの大切さやありがたさを学ぶことができ、成長することができました。

みなさん、ありがとうございました。


 

C.Y

2012.05.21

天体ショー@グラウンド

5月21日は金環日食!!!


朝早くに生徒・教員がグラウンドに集まり、
地学の教員の指導に従って金環日食をライブで観測!!!

木漏れ日から三日月が浮かんでました!!
生徒たちの歓声もあがっていました。

すばらしいショーでした。

写真の提供に感謝、H氏、S氏。

 

C.Y

2012.04.23

イースター礼拝

先週一週間はいろいろなイベントがありました。

中でも高校にとって重要なのは、イースター礼拝。


ちょっと遅くなりましたが、イースターを教職員と生徒の有志で祝いました。

静かな午後の時間でしたよ。

生徒諸君、卒業するまで3年間しかありません。
こういう行事に是非とも積極的に参加してください。

これからの重要な礼拝は
ペンテコステ礼拝、
クリスマス礼拝、
キャンドルサービス
ですが、ぜひとも、足を運んでください。

一緒にもろもろ考えましょう。


 

C.Y

2012.04.12

学内 桜 景色

写真部B.B.Qが学内を散策して、

桜のさまざまな景色を撮影してくれました。


すてきです。


この春は幾たびか嵐が通り過ぎました。

それを乗り越えて本当にきれいに咲いています。

こころなしか、これまでよりも長く咲いているようにも。。。


 

C. Y

2012.02.08

ある日の放課後の活動②

第2段です。


今度は2年生の次の4月に行く沖縄修学旅行の事前学習の一環の集い。


"サンゴ礁の自然を利用した環境学習"として琉球大学から講師の方が来校してくださいました。

コース別学習の一コースであるこの体験型の学習もしっかりと事前に学習をします。

講師の方は実はICUにゆかりのある方という事で"へー"という声が。。。


ただ行くだけが"修学"旅行ではないのですよ、2年生諸君。

 

J.B

2012.02.08

ある日の放課後の活動①

3学期のとある日の放課後の活動を紹介します。


一つ目は有志による読書会。

図書館内にて教員・生徒の有志による読書会を実施していました。

今回は、大野更紗さんの『困ってるひと』(ポプラ社)が取り上げられていました。

静かな光景の中にも熱い語り合いが伝わってきました。

いいですねー。こういう静かなアカデミックな集いは。


 

J.B

2012.01.10

新年集会

新年集会で2012年の学校が始まります。

まず、各学年から代表者が新年の抱負を述べました。

H君、とてもすてきなウクレレの演奏ありがとう、そしてがんばって課題を乗り越えてください。

Yさん、Kさん、K君、きりっとした挨拶と雄大なラフマニノフをありがとう。

Kさん、ちょっとしんみりした言葉をありがとう。


そして、続いては校長のメッセージ。

新年に当たって挑戦しようと感じるメッセージでした。


その後、報告の中で、新しい生徒会の発表がありました。
君たちは何を成し遂げるのですか?


さて、今学期も明るく・元気に・のびのびと進みましょう。


 

J.B

2011.12.15

クリスマスツリー

クリスマスがもうすぐそこに。

学校のちょうど入口にクリスマスのイルミネーションが施されているツリーがあります。

毎年、毎年、静かにそこで生徒を迎え、送り出しています。

来週は終業式・クリスマス礼拝が行われます。

静かなクリスマスの季節です。


(写真部の1年生諸君、撮影ありがとう)

 

J.B

2011.12.01

写真部:秋も深くなりました

R.C. & B.B.Qより


ICUにもようやく秋到来

今年は紅葉が遅かったかな?

でもきれいに色づきました

芸術の秋だね.........


J.Bより

素敵な写真をありがとう。

これからもよろしく。

 

R.C. & B.B.Q

2011.11.30

写真部:ご近所さん

近所にはこんな光景も。

野川のせせらぎや学内の古い茶室。

右下に見えるのは、トンボです。

いいね。

おだやかな気持ちになります。


 

J.B

2011.11.30

写真部:絵描き

高校から少し大学の方に歩いてみると見えてくる光景です。

写真部のR.C. & B.B.Q 曰く、絵を描いてらっしゃる方がぴったりの光景だったそうです。

きれいな秋の夕方ですね。


そういえば、昨日は散歩がてら写真を撮られているグループの方々がいらっしゃいました。

保護者・卒業生の皆様、紅葉狩りはいまが旬です。

 

J.B

2011.11.30

写真部:もみじがきれい

改めてこの学校は貴重な自然に囲まれていると思います。

こういう光景が学内のいたるところにあるなんて。

写真部のみなさんの秀逸な何枚かをご覧ください。


まず、もみじから。


 

J.B

2011.11.24

写真部:外に飛び出してみました

ちょっと学校を飛び出して女子サッカー部の試合にお邪魔しました〜

女サカの引退試合ということですごい気迫が感じられたよ!

女サカのみんな、本当にお疲れ様でした〜!!


 

R.C. & BBQ

2011.06.02

EVNについて

 「環境問題を解決するために、自分たちにできる事をしたい」という意向で14期生が立ち上げたボランティア団体、EVN(Eco Volunteer Network)。年間6トン以上の紙類をリサイクル業者にまわし、校内でも紙の再利用を促し、「木から作られる紙を無駄にしない」よう、努めています。


また、近年はICUの団体と共に、ペットボトルキャップを回収し、有効利用する業者へ渡しています。無駄な照明を消す運動も行っています。千里の道も一歩から。みなさんもご協力ください。

 

T

2011.06.02

教育実習開始

中間試験も終わり、ICU高校にも活気が戻ってきました。

そのような中、教育実習が始まりました。今年も教員を志す教育実習生が熱意と不安を抱えながら、授業やHRに取り組んでいます。この期間は、将来教員になった時の礎となる貴重な経験ができる場です(著者談)。失敗を恐れずに多くの生徒と関わって授業や学校生活を過ごしてもらいたいと思います。

最終日には、ICU高校で素晴らしい経験と思い出を作ることができたと笑顔で迎えられることを願っています。果たしてどうなっているか・・・楽しみにしましょう♪
                                

 

HY

2011.05.25

中間試験突入しましたが

昨日から中間試験に突入しましたが、実は先月の今日は3年生は沖縄に修学旅行に行っていました。
平和学習が中心の修学旅行でしたが、生徒諸君は様々な体験を通してそれぞれの沖縄への思いが生まれたと思います。
ぜひ、この4日間の思い出を大切にしてください。
平和や現実について考えたこと、友達とのたわいない会話など。
この4日間でしか経験できなかったことがあったと思います。

そうは言っても明日も試験。
最後の最後まで全力で準備してください。


 

JB

2011.05.19

生徒総会開催!

5月18日(水)、ICU高校では前期生徒総会が行われ、
新生徒会役員が選出されました。
立会演説では、立候補者は様々なプレゼンテーションで聴衆に訴えていました。

生徒会会長には、2期連続で3年生のM君が選出されました。
以下、Mくんのコメントです。
******************
こんにちワン。

失礼しました、こんにちは。
今回僕は「生徒同士のコミュニケーションの活性化」を建前に、じゃなくて公約に掲げて当選した次第でございます。ICU高校の生徒の皆さんは十人十色でみんなちょっと「ヘン」なところがあるので、そんな人たちがお互いに刺激しあって科学反応を起こす手助けをしていきたいし、僕もまた皆さんがどんな化学反応を起こしちゃってくれるのかが楽しみでなりません。みんなでいろんなアイデアを出し合って、みんなでいろんなことを試して、みんなでICU高校という黄色い潜水艦でゆるーく平和にやっていけたらなあと思っています。

ありがとウサギ。

******************


 

T.N.

2011.04.13

授業も始まっています。

新しい環境に疲れたら、外でぼおっとしてみるのもよいかもしれません。

 

2011.04.08

始業式

入学式に続き、始業式が行われました。これからICU高校のまた新しい一年が始まります。

 

M

2011.04.07

入学式

34期生の皆さん、入学おめでとうございます。
震災の影響で、場所は大学チャペルから高校体育館になりましたが、
何とか無事に入学式を迎えることができました。

新入生を祝福するかのようにキャンパス内の桜は満開です。
実り多い高校生活となるように祈っています。

 

T.N.

2011.03.16

生徒会より全校生徒へ

3月18日に行われる終業式で東北関東大震災の被災者に対する募金を行います。
みなさんご協力下さい。

募金は、学校側で集約してしかるべき団体に寄付を致します。

 

(生徒会)

2011.03.10

試験休み中。

学年末試験が終わりました。みなさんどうもお疲れ様でした。

校内では久しぶりの部活をしている姿がみられました。ケガに気をつけてがんばってください!

 

M

2011.02.16

中止?でも走った!

関東は久しぶりの大雪に見舞われ、予定されていたロードレースは中止となってしまいました。
ロードレースは、ICUHSの冬の風物詩でもあり、ICUキャンパスと野川公園の豊かな自然の中、そして、冬の澄んだ空気の中を、生徒たちが一心に走る長距離レースです。

体育の授業で、または、クラブ活動で、このロードレースのために練習を積んできた生徒たちです。楽しみにしていた行事が中止となってしまったのは、とても残念です。

そして、通常授業に戻った水曜日、一年生はせっかくできた時間で体を動かそう!と、急遽、クラス対抗ドッジボール大会を行いました。力いっぱい投げるとフワッと浮くようなコントロールの難しいボールで、男女混合、容赦なし(?)の熱戦が繰り広げられました。残り人数の合計の多いクラスが優勝!という事で、2戦2勝した1年4組が栄光を勝ち取りました!

野外の長距離は走れなかったけど、屋内の狭いコートは精いっぱい走り回れたかな?

 

AM

2011.02.14

ホワイトバレンタイン

東京は大雪でした!全国的な大雪の影響でICU高校のキャンパスは真っ白に染まっています。

中庭に幾つも雪だるまが立ちました。
冬学期の一大イベント、ロードレースがすぐそこに迫っていますが、どうなるかです。

 

2011.02.05

オーケストラ部第10回定期演奏会!

去る1月29日(土)、ICU高校オーケストラ部第10回定期演奏会が行われました。
演奏会の場所は三鷹市芸術文化センター。
会場が学校ではなかったにもかかわらず、たくさんの方が足を運んでくれました。

二年生はこの日で引退でした。
演奏会の後、新たに副部長になった生徒が文章を寄せてくれました。

*******************************************************************
私たちオーケストラ部は通称「おけら」と呼ばれ慕われています。
まるで虫のような名前ですが案外みんな気に入っています(笑)
部員同士はとても仲がよく、毎日楽しく活動しています。
初心者だった子たちも今では見違えるほどメキメキと力をつけました。
今回の定期演奏会は32期生にとって最後の舞台でした。
改めて音楽の楽しさを教えて下さった先輩方には
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

みんなで一つのものを作り出す喜び、「おけら」にしかできない音楽がそこにはある!


 

T.N.

2011.02.03

2nd Year Level 4 English Speech Contest “What can my generation do to change Japan?”

On Thursday 3rd February 2011, an audience of about 40 students and teachers gathered in the Lecture Room to watch six students compete in the Annual ICUHS 2nd Year Level 4 English Speech Contest. The contest began at 3:35 p.m. and ended at 5:00 p.m. The speeches each lasted about five minutes.

After the last speech, the three judges (two from the Foreign Languages Department and one from the Kokugo Department) retired to a separate room to make their decision. All were impressed by the variety of content across the six speeches and the communicative skills of the speakers.

The top three students were each awarded a specially engraved plaque. All six students received ICUHS folders and rotating pencils as participation prizes and will receive an official Speech Contest certificate later this term.

The organizer would like to thank the judges for doing such a difficult job, the Headmaster for presenting the prizes, and everyone else who assisted in bringing about this highly enjoyable event, especially the six students who participated.

 

R. Round

2011.01.29

卒業生を迎える会

 本日、放課後に「卒業生を囲む会」を開催しました。昨年ICU高校を巣立った卒業生から、通訳、英語教師などで活躍されている社会人の方まで、10名の卒業生がきてくださいました。ICU高校での生活の思い出、大学生活、仕事などお話いただきました。在校生からもたくさんの質問がでて、会は盛況のうちに終えることができました。ご参加いただいた卒業生のみなさん、在校生のみなさん、ありがとうございました。

 最後に卒業生からいただいた言葉をいくつか紹介したいと思います。

「自分が本当にしたいことは何なのか考えることが大切!僕の場合、それはみんなが前向きに表現できる空間をつくることでした。」
「光陰矢の如し 高校生活はあっという間なので、振り返るチェックポイントをつくってください。」

「いろいろ伝えようと思って来たんですが、逆に若いエネルギーをもらって私が元気になっちゃいました。ICU生ってみんなすごい素質をもっているので自分はスペシャルな存在なんだ!ってことを忘れずに自分の思う道をつき進んでください!」

 

O&H

2010.12.21

鎌倉遠足写真作品コンテスト

11月に行われた秋の校外学習、一年生は例年通り、日本の古都、鎌倉に遠足に行きました。それぞれの班でテーマを選んで観光し、生の狂言にも触れました。各班の最終ミッションは、写真作品を作ること。

クラスで代表作品が生徒たちによって選ばれ、教員の投票によって最優秀賞に輝いたのは、この作品でした。ちなみに、その選評は、地図をデザインしてストーリーが感じられる、テーマがわかりやすいといったものが寄せられました。

 

A

2010.11.18

ダンス部 大会目前猛練習

通称「メルパ」こと、「全国中学高等学校ダンスコンクール」

ダンス部員にとって「甲子園」のような大会に向け、今、最後の猛練習に励んでいる。昨年は女子ダンス部が準入賞6位、男子ダンス部が奨励賞と、メルパルクホールで行われるこの大会で、毎年輝かしい成績を残してきたICU高校ダンス部。

月曜日の昼休みには本番に見立てた校内発表会を行い、体育館に集まった200人近い生徒を魅了した。今年の女子ダンス部のテーマは異国のフォーク・アートな雰囲気漂う「Totem Pole」。男子ダンス部は、さわやかな『情熱大陸』の曲にのった「SAMURAI」。

部員はもちろん、引退した部員や卒業生、そしてコーチに顧問の先生まで心を一つに、今年も最高のパフォーマンスになりますように!

 

K

2010.11.17

Art Unites Us All!

On Nov. 2nd, the 2nd year students went to see traditional Japanese comic art shows at Suzumoto Engei Hall in Ueno. The first performer was a man who did various tricks such as balancing a teapot on the end of a stick and escalating to balancing the pot on two knives held tip to tip on that stick. The second was a duo of stand-up comedians called Roketto-dan, who earned giggles and chuckles mimicking funny English. At the fourth performance of scissors art, one particular boy clenched his fist in triumph as he received the “panda” that he had requested. I want to point out the importance of imagination that the third artists – the pantomimists and the fifth and last rakugo artist Hayashiya Taihei emphasized. One of the pantomimists said that it was in our imagination that his art is completed while he showed us how a man was about to be airborne, pulled up by an invisible “balloon.” Taihei also made our mouth water copiously when we “saw” this funny father licking up all the yammy goo on the dumplings served on a stick. The story ends with his poor boy exclaiming that this kind of selfish conduct of his father is exactly why HE did not want to bring his father to the fair.

Watching the shows, AND our students, I also cogitated on the concept of giving and receiving. Obviously, the artists were “giving” us first-rate entertainment that they achieved through their talents and years of hard work, but at the same time, I perceived that THEY were also receiving the JOY of performing, or LIVING, through the giggles, the bursts of laughters, the wide-opened amazed eyes, the sighs, and the clenched fist in triumph of our young, sensitive, and imaginative ladies and gentlemen. Art had united all those who were living through those moments of miracle.

 

Neo

2010.10.20

思い出を言葉に

色々な思い出ができた学校祭と体育祭。
国語の時間、その思い出を17音(俳句)と31音(短歌)の言葉にしてもらいました。
学校祭をテーマにしたものからは、例えばこんな俳句と短歌が生まれました。

・今おばけ ドキドキしてるの あたしの方
・発表に 来てくれたこと 知ってるもん
・こわいこわい 二人で入る お化け屋敷 いろんな意味で どきどきしちゃう
・朝なのに 暗い教室 たくさんの 思い出こもった 黒い紙


また体育祭をテーマにしたものからは、例えばこんな俳句と短歌が生まれました。

・声がかれ それでも君を 応援したい
・嬉しいのは 勝利じゃなくて ハイタッチ
・Tシャツに 「書いてください」 言えなくて
・いつもなら 言えない私の メッセージ Tシャツになら 書けるかも
・頑張って いちばん前を 取りにいく 君の姿を 見ていたいから

 

T.N.

2010.10.12

体育祭・応援合戦ビデオ  上映中!

ICUHSの体育祭と言えば!
そう、組対抗の応援合戦、通称「チア」です。

1、2、3年生が組ごとに学年を超えて団結し、1組から6組まで、
それぞれテーマを決めて7分間の応援演舞を披露します。

パフォーマンスの芸術性や、一体性、みんなの同調性を総合的に評価して、
1位~6位まで得点が付けられるという、シビアな戦いでもあるのです。

もちろん、体育祭が終われば、「ノーサイド」。
準備や出番待ちのために見られなかったという生徒の要望にお応えして、
今年はビデオ上映会を開催。みんなで、あの時の興奮と、感動を分かち合いました。

 

2010.09.03

2学期開始!!9月生のみなさんようこそ!

今日から2学期(秋学期)が始まりました。

9月生のみなさん、入学おめでとうございます!

北はアイルランド、南はタイ。
世界中から集まってきたみなさんが
このICUHSで出会いをさらにひろげられることを祈っています。

そして、数年後にこの地球のどこかへまた羽ばたいて行ってください!!!

おめでとう、そしてようこそ!

 

JB

2010.07.23

CONGRATULATIONS TO THE WINNERS OF THE KHALED HOSSEINI “READERS GIVE BACK” WRITING CONTEST!!

昨年、アメリカのライティングコンテストに二年生の英語L1の生徒が応募をし、見事3人が5位以内に入賞をしました。

このコンテストは、世界的に有名な『The Kite Runner(邦訳・ 君のためなら千回でも)』と『A Thousand Splendid Suns(千の輝く太陽)』のミリオンセラー作家であるカーレド・ホッセイニ氏が主催した物で、アメリカ各地や様々な国からの応募がありました。世界に開かれたコンテストでのこのような活躍は、非常に名誉ある事です。

また、今年のペンテコステ礼拝で集まった献金の中から1万9千円をKhaled Hosseini Foundationに寄付する事となりました。これは、アフガニスタンの人々に人道的支援を行っている非営利団体です。難民に避難場所を提供するプロジェクトや女性への仕事や経済的支援、子供への教育的機会を援助しています。更に、アメリカに移住した難民やアフガニスタン国内で高等教育を目指している女性に対する奨学金の制度も設けています。

 

Nh

2010.06.30

今日は「縦割り交流会」

今日は「縦割り交流会」でした。
体育祭は縦割りのHRを1チーム(例えば123年の1組)として
他のチームと競います。

今日はHRごとにゲームをして交流を深めました。
団結の強まった各HR。9月の体育祭が楽しみです。

明日から期末試験です。暑さに負けずがんばっていきましょう!

 

T.N.

2010.06.24

サッカー・ワールドカップ開催中!

世界で最も多くの人が視聴するとも言われているサッカー・ワールドカップ。
今日は生徒の間から、「夜は7時に寝ます!」「明日の授業、起きてられるかな・・・」との声が。

そう、日本VSデンマーク戦は深夜の3時から。

“早く寝て、3時に起きる作戦”で挑む生徒は、ずっと起き続けていると宣言している友達に3時のモーニングコールを頼んでいるそうです。

一方、デンマーク帰国の生徒は、ちょっと複雑。「どっちを応援しようかな~」と。
深夜の熱い戦い、結果はどうなるでしょう??

明日は、睡魔に負けないように体調を整えて授業に臨んで下さいね。

〈写真は、ジャパンブルーにそろえたホーム・ルーム。なかには、オランダの帽子も・・・〉

 

K

2010.06.22

ライティングセンター営業中

オープンして三週間が経ったライティングセンター。
先週は三年生の政経レポートがあったためか、早くも大繁盛でした。
利用者の声をご紹介します。

「自分だけでは気付かない良い点、悪い点に気付けた。具体的に何が足りないかアドバイスしてくれて、それをどうしたらよいかわからない私に色々質問して答えを導こうとしてくれた。家に帰ってからそのヒントをもとに私なりの結論が出せた。」

「文章のどこがどういう理由であまりよくないかを的確に指摘してもらったので、書き直しの際に注意しながらより明確に自分の意見を書くことができた。」

「第三者の視点から見てもらうことでレポートの改善点や今後に生かす課題が見つかった。」

「とても親身になって相談に乗ってくれた。」

自分ひとりでは気付けないこと、人と話してわかることはたくさんあります。
あなたの文章を一段レベルアップさせるために、ライティングセンターをご利用下さい!
今学期の営業はあと二回、24日(木)、28日(月)の放課後です。お気軽にどうぞ。

 

N

2010.06.21

貴重な時間を

3年生の選択科目の一つ数学IIIは非常にタフな内容が盛りだくさん。
理系の受験科目の中でもメインの一つ。
授業だけではどうしてもカバーしきれない演習の内容を朝のホームルームが始まる前の貴重な時間を使って学びます。

朝のとても静かな校舎の中で一生懸命に学ぶ姿。
自分たちの未来を着実に築こうとする意気込みが感じられます。
君たちを全力で応援しています。
お互い切磋琢磨して良いコースにしていきましょう。

 

JB

2010.06.08

生徒総会開催

先日、前期生徒総会が行われ、新生徒会役員会が選出されました。
立候補者は色々なプレゼンテーションで聴衆に訴えました。

そして、生徒会会長には3年生の佐藤君が選出されました。以下、佐藤くんのコメントです。

******************
先日、絵についての本を読んだ。その本から学んだことがある。「色」というものは、混ぜると深みが出るが、それと同時にどうしても暗くなってしまう。どうにかして、「深みがあって明るい色」が作れないものかということで開発されたのが、「点描」という、原色の点々で絵画を描いてゆく技法なのだという。・・・ICUには、様々な色の輝きを持った生徒たちがいる。その色たちを混ぜるのではなく、隣り合わせに並べ打っていくことで、ICUという「深み」と「明るさ」が共存した校風が生まれるのだ・・・僕は会長と言う名の画伯。今年はどんな絵を描こうか。
******************

どうぞよろしくお願いします。

 

M

2010.05.31

本日開店!ライティングセンター

本日、ICU高校ライティングセンターがオープンしました。
写真はオープニングセレモニーの様子です。テープカットとクラッカーでお祝いしました。


ライティングセンターというのは、チューターとの対話を通して書き手の力を伸ばすための場所。もともとはアメリカで始まり、現在では日本の大学にも広まって来ていますが、高校段階では例のない取り組みです。新しいチャレンジに私達スタッフもわくわくしています。

生徒の皆さんは学校でレポート、エッセイ、志望理由書に感想文と様々な文章を書いていると思います。自分で日記をつけたり小説を書いたりしている人もいるでしょう。書いていて迷ったり、行き詰まったりすることもあると思います。そんな時、気軽に訪れてみてください。チューターと話をしている中で、発見するものが必ずあるはずですから。

ライティングセンターの取り組みについてはブログ上でもご紹介して参ります。どうぞお楽しみに。

 

2010.05.27

春学期中間試験始まる!

高校は今週は中間試験です。

特に一年生は、いわゆる「中間試験」が初めての人も多いですが
戸惑いつつも、教員に質問に行くなどして頑張っています。

写真は本日のラウンジの様子。いつもは騒がしい校内も、今日は静かです。

 

M

2010.04.14

イースター礼拝

十字架にかけられたイエス・キリストは三日目によみがえりました。
その復活を祝うイースター。
今年は4月4日の日曜日でしたが、ICU高校では4月14日に礼拝をもちました。

朝はHRで放送礼拝、午後は希望者がレクチャールームに集まり礼拝をまもりました。
写真は午後の礼拝の様子です。

 

N

2010.04.06

第二コンピューター・ルームOPEN!

ここ数年の生徒の利用機会が飛躍的に高まったコンピューター・ルーム。
みなさんのニーズにお応えして、第二コンピューター・ルームを新設しました!
新年度に向け、開店準備も大詰めです。

また、今までのコンピューター・ルームも機器を一新。
55台のPC全てが最新モデルになりました。

PCのハード面も、ソフトの面でも利用環境が向上したと思います。
リサーチやプレゼンの準備など、今まで以上に活用してみて下さい!

 

K

2010.04.06

男子バスケットボール部、快挙達成!!!

 昨年秋に行われました新人戦支部大会において、第2支部ベスト8に入り、東京都本大会出場を果たしました。1点差ゲームを制するなど、チームが一丸となって厳しい試合を勝ち抜いてきました。さらに、1月の東京都本大会では、強豪校を破って東京都ベスト16に入ることができました。これも、活動をサポートしてくださった方々のおかげです。応援ありがとうございました。
 これからも、団結して一戦一戦大切に戦っていきたいと思います。どうぞ温かく見守っていてください。


現在すでに、春の関東大会予選に向けての戦いが始まっています。これからも応援よろしくお願いいたします。

 

Omori

2010.03.19

終業式とさよならのあいさつ

3月18日に終業式が行われました。3年生は卒業してしまったので、
チャペルがいつもより広く感じます。4月になってまた新しい一年が
始まるのが待ち遠しいです。

さて、この3月で創成期よりICUHSを支えてくれた校長先生と
センター長も学校を去られます。写真はセンター長が話されている
場面です。お二人とも長い間どうもありがとうございました。

校長の長埜先生とセンター長の岡田先生から
一言いただきましたので紹介させていただきます。

さよならのあいさつ     (校長  長埜 紘)

Time flies… そして Auf Wiedersehen!
1963年4月にICUに入学してから47年、1979年にICU高校の教員になってから31年、2002年に校長に就任してから8年過ぎてしまった。
今年3月末に退職するのが当然と思えるほど長くICUに関わってきたと思う。

(帰国生徒教育センター長 岡田 真樹子)

在校生の皆様には入学ガイダンスや世界各地の説明会でお会いしましたね。学校生活はいかがですか?楽しく、有意義な毎日を過ごしておられることを願っています。
ICU高校を築いていくのは皆様です。どうぞ、これから入学する大勢の帰国生のためにICU高校をより良い学校にしていってください。海外や国内での貴重な体験を活かし、お互いに切磋琢磨して世界のリーダーになってください。いつまでも大きな夢とビジョンを持ち続けてください。
長いこと、本当に有難うございました。

 

M

2010.03.15

30期生の華やかな卒業式

本日、記念すべき30期生の卒業式がICUチャペルで挙行されました。

担任との最後のホームルームを終え、緊張の面持ちでチャペルへ向かう生徒たち。

卒業生245名全員に卒業証書が授与されました。

荘厳な雰囲気の式とは一転して、新体育館での卒業記念パーティーへ。

名残惜しくも、楽しい時間を卒業生・保護者の皆様、教職員みなで分かち合いました。

保護者のみなさま、ご参列くださったみなさま、誠にありがとうございました。

 

2010.02.25

最後のロングホームルーム

満開の桜の下、昨年4月に入学した新入生も、あと一ヶ月と少しで二年生になります。クラス替えへの期待と不安を感じながら、生徒たちは着実に一歩前に歩みだそうとしています。

期末試験を間近にひかえ、今日は一年生最後のロングホームルーム。各自がお菓子や飲み物を持ち寄り、お別れパーティーが開かれました。二組ではクラス全員でゲームをしたり、クラスメイトひとりひとりに向けたメッセージを色紙に書きました。

ちなみに三組では、「色々ディベート会」が催されたとのこと、個性を重んじるICU高校ですが、クラスのいろどりも百花繚乱です。

新しい春の到来を感じながら、楽しかった日々に名残を惜しみました。

 

2010.02.03

雪景色

先日都内は大雪でした。一面の雪景色です。


 

2010.01.08

冬学期始まりました

あけましておめでとうございます。昨年中は皆さまに様々な形で学校を支えていただき、ありがとうございました。

さて、本日より冬学期が始まりました。新年集会では各学年代表に抱負を語ってもらいましたので、スクール・ナウでは生徒会長の千田さんの抱負を紹介したいと思います。

今年はICUに友情や恋心とも違う、人を慈しむ気持ちを浸透させていきたいです。と同時に、責任感のある生徒会長を目指すつもりですので、これからもよろしくお願いします!

2010年もICU高校は新しいことにチャレンジしていきたいと考えております。どうぞよろしくお願いします。

写真はキャンパスでほころんでいた梅です。

 

2009.12.19

『卒業生を囲む会』開催!

『卒業生を囲む会』では、ICU高校の卒業生と、大学ではどんな学問を学べるのか、
どんなフィールドで活動できるのかといった、高校の生活ではなかなか想像できないテーマをシェアします。

今回のお題は、「海外インターンシップ」について。
2009年3月にICU高校を卒業し、大学の夏休みを利用して約1ヵ月間、
インドのNGO団体のインターンシップに参加した先輩が、
「一歩を踏み出したことで、自分に何ができるのか、その問いは以前よりずっと大きなった」
と、自分の経験を話してくれました。

海外インターンシップに興味を持っていた生徒も、そうでなかった生徒も、
実体験に基づいた熱い語りに聞き入っていました。

「目的意識を持ち、自分の足で動いて現実を知ることの大切さを知りました」
「グラウンドで騒いでいた先輩とは、違う人がいるみたいだった・・・」
半年前まで同じ校舎で学んでいた先輩の、“今”の姿に触れた感想。

今日、先輩の話に触発された生徒たちが、次回の『囲む会』のスピーカーに
なってくれることを心から期待しています。

 

2009.12.08

二学期期末試験開始

本日より期末試験が始まりますので ”ICU RETROSPECT” はしばらくお休みです。

生徒のみなさん、今年最後の健闘を祈りっております。そして何より風邪に気をつけて。

 

2009.11.02

Happy Halloweeeeen !!

今日は生徒会の声かけでハロウィン・デイでした。
カラフルにみんな完全に浮かれています。

休み時間だけでなく当然授業中もこの格好。
魔女やクマにテストを返しました。

ただ、勉強した人はともかく、勉強していない人には
当然厳しい現実が待っているわけです。

ある生徒いわく、
「仮装してて今最高に楽しかったけど、テストの点みると
何やってんだろ私って思っちゃうよ。」

休み明けから気持ちを切り替えて
後半戦頑張りましょう!

 

2009.10.27

中間試験です

今日から待ちに待った(!?)中間試験が始まりました。校内にはいつもとすこーしだけ違う緊張感が漂っています。

生徒の皆さんが真剣に自習している図書館をこっそりのぞき見…。入り口のドアにはカボチャのリースがかかっています。

例年は仮装で大盛り上がりのハロウィンですが、今年は残念ながら試験とぶつかってしまいました。まさか仮装して試験を受けるわけにも、試験監督をするわけにもいかないですからねぇ…。

 

2009.10.19

ランチリユニオン~バイブルワークキャンプ

先夏に行ってきましたバイブルワークキャンプのリユニオンが毎週月曜日のランチタイムに行われています。

バイブルワークキャンプはまさにキャンプという名にふさわしく、明かりもほとんどないような北海道の奥地で一週間農作業や畜産の体験をしながらキリスト教の勉強をします。マリンキャンプとともにICU高校夏の定番イベントですね。今年は30名程が参加しました。

印象的だったのは、鋭いとげのグーズベリーを収穫したこと。ひたすら痛い作業だったし、蜂や毛虫はいるしで泣きたくなりました。何時間もそれをやりましたし。ですが、翌朝ジャムにして炭火で焼いたパンにつけたときの甘酸っぱさといったら…!ぜひ来年一緒に確認しましょう。

写真はその時の仲間たちと、再集合(リユニオン)して、ビデオを見ながら思い出話や賛美歌を歌ったりしているランチのひとときです。

バイブルキャンプの写真もICU高校HPのトップ→「Snap Album」から御覧になれますので、ぜひお楽しみください。

 

M

2009.10.13

林の中

ここはどこでしょう?

新小金井駅側の門から学校構内に入って来たところです。
右手にグラウンドや体育館、もう少し進むと校舎と寮の裏手になります。
なんだか東京とは思えないような、こんな林の中にICU高校はあります。

ICUのキャンパスが美しいのは何といっても春の桜の時期ですが、夏場に木陰の涼しさを楽しむのも良いものです。そして今は秋、もうすぐ木の葉が色づいてくる季節です。地面には落ちた銀杏やどんぐりの実がごろごろ…。

毎日通っていると当たり前のように思ってしまいますが、四季折々の景色の中で日々の思い出を刻んでいけるのは、とても幸せなことですね。

ちょっと立ち止まって風の音を聞きながら、そんなことを思います。

 

N

2009.10.06

雨の日の現代文

松尾先生の現代文です。
外はじめじめ雨空ですから、こんな日には『羅生門』がうってつけ。

グループごとに「下人」の心理描写をピックアップしているところです。

みんな集中していますね!

 

2009.09.29

残念なお知らせ

学校祭は二日間の日程を無事に終えました。ありがとうございました。

しかし、インフルエンザの猛威は衰えるところを知らず、ついに明日から休校という事態になってしまいました。

10月2日に予定されていた体育祭も中止です。残念ですが、仕方ありません。

生徒の皆さんは、感染がこれ以上広がらないように、おうちでじっくりと休養をとってくださいね。

ブログはひっそりと更新する予定ですので、たまにのぞいてみてください。

 

N

2009.09.24

ぼくらはみんな生きている

学校祭まであと二日。
校内では、生徒・教職員・父母会の皆さんなど、いろいろな人たちが準備に奔走しています。

しかし、この学校にいるのはヒトばかりではありません。
生物室の前にはウーパールーパーの集合住宅があるのです!
写真は白いウーパールーパーの子どもたち。かわいいでしょう?

ここでウーパールーパー・アパートの管理人さんである田村先生から一言。

「去年は12月16日に卵がうまれました。今年も生まれるかなー?
学校祭では水槽もオシャレして皆さんをお待ちしています!」

学校祭にご来校の際は、ぜひ生物室前のウーパールーパーちゃんたちに会いにいらしてくださいね。

 

2009.09.18

かいとうへん

9日からのつづき。

あの、塔的な施設は煙突なんだそうです。
下のビルも合わせて、あそこは大学の「パワーステーション」という部署。
てっぺんの太い部分は「貯水槽」で、あの高さを利用して周辺各所に水を配給していたとのこと。
ただ、あの「貯水槽」、現在は使用されていないそうです。

結構普通の解答ですね。

ちなみに、グーグルアースで見てみると、確かに煙突っぽく穴が空いております。

PS 上の落書きっぽい落書きですが、D先生作「ロボ」です。責任をとらせました。

 

H

2009.09.09

これはなに

逆光ですが、これ、この塔、高校に通っている方はお馴染みですよね?
正面入口から大学方向を見上げればイヤでも目に入る、アレです。

この塔、何だか知っていますか?

当校の先生方なら御存知のハズ。早速訊いて回りました。

A先生「こんなんあったっけ?」
 ありましたよ! 何すっとぼけてるんですか。

B先生「ああ、これ。発電機でしょ。てっぺんに水を貯めて、下に落として発電しているんだよ」
 なるほど。水はどこからどうやって上へやるのですか。
B先生「電気で持ち上げているんじゃない? 落としたヤツを。深夜にやれば安く済むハズだよ」

C先生「あれは煙突であり、てっぺんのあの膨らんだ部分は脱硫装置です」
 脱硫装置って、あんなに大きなものなんですか。

D先生「あれはロボの角です。地中に本体(頭部以下)が埋まっておるのです」
はいはい。

ちなみに通りがかりの生徒(2年生)に「あれ、何だか知ってる?」と問うてみたら「管制塔でしょう」と当たり前みたいな顔をして返事されました。
何を管制しているのでしょう。

ほとんどの先生が「知らない」と言うこの施設。一体、何なのでしょうか。18日に続く!

 

2009.09.06

ICU High School Express!

どんなに遠くからでも一目でわかる、スカイブルーのニクいヤツ。
それが私たちのスクールバス(略して「スクバ」)です。

2006年度の導入以来、武蔵境駅と高校を結ぶ約10分間は、友達とのおしゃべりに花を咲かせたり小テストの最後の確認をしたりする貴重な時間となっています。

事務室で買える利用チケットは1枚150円。
「ああっ、バス券わすれた!一枚貸して!」
なんてやりとりもよく見かけます。

普段はICU高校生専用のバスですが、学校説明会などのお帰りの際に体験乗車をして頂くチャンスもあります。ぜひ「ICU High School Express」の乗り心地を確かめてみてください。…普通のバスと変わりませんが(笑)。

ちなみに朝の便は、時間が早ければ早いほど空いています。生徒の皆さん、早起きしましょう!