ICU高校|INTERNATIONAL CHRISTIAN UNIVERSITY HIGH SCHOOL

Graduates' Voice!|卒業生の声

卒業生へのアンケート

Q.あなたにとって"ICU高校"とはなんですか?今、どんなことをしていますか?

現在の仕事 私にとっての"ICU高校"とは 後輩諸君へ

ICU高校に「ふつう」はありませんでした。

2期生 M.S ICU教養学部 少年サッカーチーム オーナー

通訳案内業国家試験を受け、通訳ガイドの資格(フランス語)を取得。
しかし、ガイドにはならず、翻訳(仏語・英語)に従事する傍ら、中高生に英数を教える。
それと平行して少年サッカーチームを20年近く指導していた関係で、97年にそのチームを引き継ぎ、現在はオーナー(?)兼監督。70名近くの子供たちから元気をもらっています。

私にとってICU高校は、「人生で最も楽しく、充実した時を過ごした場所」です。ホントに楽しかったし、おもしろかったぁ! 先生も友人もみんな個性にあふれ、ほかの高校に行っていたならば、あんなに「中身の濃い」人たちには出会えなかったと思います。世間では「普通」という言葉をよく耳にしますが、「ふつう」って何なのでしょう? 人によって考え方、感じ方はそれぞれ違うのだから、「ふつう」という感覚が私にはわかりません。ICU高校に「ふつう」はありませんでした。「ふつう」でない人たちと接することができ、「ふつう」でない体験をたくさんさせてくれたICUHighを、私は誇りに思っています。

ICUHighでは、ほかの高校にはたぶんあまりいないであろう個性豊かで、中身のつまった人間にたくさん出会えると思います。こんないい学校、そうはないよ! ICU高校のことを好きになり、誇りに思ってください。

素粒子物理・宇宙論へ!

2期生 H.M 東京大学・東京大学大学院 米国の大学にて物理学教授

素粒子物理、宇宙論の研究、大学院生の指導、教育

いろんな人がいてそれぞれ自分の個性を伸ばして生きていくのがよいと学んだ場所。

高校時代を満喫してください。

今の生活の基盤を築いた、私の人生の出発点です。

1期生 K.H ICU教養学部 日系大手証券会社

証券会社で、機関投資家向け営業に7年、証券引受業務に5年、資産運用関連業務に8年間従事してきました。その間の海外赴任は都合8年間で(アメリカ、スイスなど)、国内勤務時もほとんどが海外関連の業務です。

今の生活の基盤を築いた、私の人生の出発点です。今から思えば、あの3年間に学んだことは、授業の内容だけでなく、勉強の仕方、遊び方、社会生活の基礎など、あらゆる分野に及びます。たった3年間だったなんて信じられない!

一生懸命勉強し、目一杯遊び、そして思いっきり楽しもう!ICU高校での3年間はきっと、君達の今後の人生を輝かせる貴重な礎となるよ!

 前の5件  |  3    4    5    6    7    8    9    10    11    12    13 
 

PAGE TOP

-----