2018年3月 一覧

2018330
by J.B.C

サクラ100% ~今年は、早すぎだよー

連日、「例年より〇日早く、桜が満開を迎えました」と、
お天気ニュースを聞きましたが、先ほどの天気予報では、
「残念ながら、今週一杯で見ごろの時期は終わってしまいそう・・・」と。
これは、マズい!カメラを持って校内へ行ってきましたー
新入生のみなさん、これでちょっとだけ雰囲気を味わって下さいね~
まずはN棟裏の桜。新小金井ユーザーには、なじみの一本。IMG_sakura (3).JPG食堂裏の景色は、寮生とAsetのクラスが独占。IMG_sakura (5).JPG都会のキツツキこと、コゲラもたくさんいました。IMG_sakura (4).JPG食堂前の2本を臨む庭は、誰もが認めるHSの名所。IMG_sakura (7).JPG中庭が生徒の声であふれる日が、楽しみです!IMG_sakura (9).JPGあれっ?なんか楽しそうな声が聞こえる!?
と、思ったら、親子感すらある3人組が!
と、いうことで、教員3人のオフショット。IMG_sakura (1).JPGジャケ風??IMG_sakura (2).JPG最後までRockだね、大好きなカナヤン。あばよ!

2018328
by J.B.C

GLBC 2018 春 in 八王子

夏と春に行われるSGHプログラムの一つ、通称GLBC。
ほとんどの生徒や教員にすら知られていない正式名称は、
Global Leadership Boot Camp。
Boot Campという言葉を使っているあたり、何となく郷愁も感じます・・・が、
コンテンツは今年もリニューアルしていよいよ始まりです!
IMG_GLBC S (9).JPG

春の大テーマは、「問題解決」。
参加者18名が4チームに分かれて、3日間、タフな課題に取り組みました。
IMG_GLBC S (4).JPG
レクでは、マネージメントのイロハを学び、すぐにワークで実践します。
IMG_GLBC S (2).JPG
限られた時間内で、とことんアイデアを出し合います。
IMG_GLBC S (8).JPG
IMG_GLBC S (10).JPG
食事の時は、ちょっとしたくつろぎタイム。
IMG_GLBC S (3).JPG
今回はスペシャルゲストとして、データサイエンティストの坂本さんと、
Googleから村口さんがお越しくださいました。
ビック・データ時代のデータリテラシ―について、
また、イノベーションについてワークショップをしてくださいました。
IMG_GLBC S (6).JPG
IMG_GLBC S (7).JPG
さあ、最終日は、ファイナル・プレゼンテーションです。

IMG_GLBC S (11).JPG
与えられたタスクに対する、自分たちなりのソリューションをプレゼンします。
IMG_GLBC S (12).JPG
ICU大学から富岡理事も応援に来て下さり、ご講評を。
IMG_0136.JPG
そして、ラップアップ。
IMG_GLBC S (1).JPG

春の陽気と満開の桜の中で、サクラを愛(め)でる時間も惜しんで、
ひたすらに知力を絞った3日間でしたー

2018317
by J.B.C

さらば、国語科の猛者たち~冬学期 終業式

本日、ICU高校冬学期の終業式が行われました。IMG_6269.JPG
一昨日に3年生が卒業し、今日チャペルにいるのは1年生と2年生のみ。
讃美歌57番、「ガラリヤの風かおる丘で」を歌い、
聖書を朗読しました。IMG_6287.JPG
マルコによる福音書1章14節~20節
  ヨハネが捕えられた後、イエスはガラリヤへ行き、神の福音を宣べ伝えて
「時は満ち、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じなさい」と言われた。
(略)
IMG_6376.JPG校長のお話しに続いて、今年度をもって退職される2名の国語科の先生から、
最後のお話しがありました。
石渡先生はICU高校が設立された当初から専任教諭として勤められてきました。IMG_6515.JPG
まさに、レジェンド。
「校則がない」とよく言われるICU高校ですが、最初からそうであったワケではなく、
厳しかった校則の一つ一つを「それが必要ないって生徒のみんなが証明してきた」
と、話されました。IMG_6464.JPG
もちろん、今もICU高校にはたくさん校則があります。
でも、その「校則を感じさせない日常を作っているのは、
まぎれもない、君たち生徒自身だよ」と、この学校の自由の意味を語ってくれました。
そして、もう一人、カナピーこと金沢先生。IMG_6598.JPG
「最後の授業」と言って一編の古い詩を朗読し、
この詩の作者の今をみんなに問いかけました。
IMG_6595.JPGその詩の作者は、今、みんなの目の前にいる、そう、その人。
「5分だけね」と言って始まったこの授業、
あと2時間は聞いていたい。でも、20時間の講義より、心に深く刻まれました。

いくつもの出会いと別れを紡いで、2017年度が終わりました。
チャペルの外に出ると、もう桜がちらほらと。
この桜が咲き誇る頃、新しい出会いが巡ってきます。もう、あっという間に。

2018315
by J.B.C

38期 卒業式 

本日、ICU高校第38回卒業式が大学チャペルにて行われました。
38期生にとって晴れの舞台にふさわしい晴天に恵まれました。
暖かい拍手で迎えられた卒業生たち。
前奏に続き、全員で讃美歌440番を歌います。IMG_5039.JPG
ICU高校の卒業式では、全卒業生一人一人が担任から名前を呼ばれ、
校長から卒業証書を手渡されます。IMG_50391 (2).JPG38期266名の卒業生を代表して、卒業生の言葉を述べました。
胸の内をストレートに表現したそのスピーチに、多くの卒業生、教員、
そして保護者の方々にも、熱いものが込み上げてきたことと思います。IMG_50391 (4).JPGIMG_50391 (3).JPGそして、卒業式の締めくくりと言えば、讃美歌405番。
この歌を賛美する時、私たち教員はいよいよ「その時」が来ることを実感します。IMG_50391 (5).JPGチャペルを出ると、恒例のネクタイ投げ。IMG_50391 (7).JPG式が終わると、父母の会による祝会が大学食堂で開かれました。
美味しいご飯を頂きながら、みんなで写真の撮り合い。IMG_50391 (8).JPGIMG_50391 (9).JPG
祝会では、お世話になった担任の先生に花束の贈呈が行われました。IMG_6040.JPGIMG_50391 (11).JPG
今年度をもって退任する6組の担任には、ひときわ大きな拍手とフラッシュが。
卒業生を送り出しながら、自らのキャリアを終えられる幸せ。IMG_50391 (12).JPGお世話になった先生方からのちょっとした人生指南のお話しに、みんな耳を傾けました。IMG_50391 (10).JPG
この学び舎での友人、学問、そして世界との出会いを胸に巣立ってゆく卒業生のみなさん。
明日からのそれぞれの道での活躍を
心から応援し、そしていつまでも見守っています。IMG_50391 (14).JPG
保護者のみなさま、3年間の暖かいご支援、
本当にありがとうございました。

「言葉」の何たるかを説き続けた高校一の人気者。Mrサングラス。
いつまでも、お達者で!
IMG_50391 (13).JPG

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

2018年度

2017年度

2016年度

2015年度

2014年度

2013年度

2012年度

2011年度

2010年度

2009年度

ICU高校 公式Facebook ICUHS Hodgepodge
SUPER GLOBAL HIGH SCHOOL Project
ICU高校30周年記念スペシャルサイト