ICUHSは30周年! 一覧

2010.05.14

ICUHS RETROSPECT <INDEX>

"ICUHS RETROSPECT"
30周年を迎えたICU高校の「過去」を振り返るアルバム・ブログ。
みなさん、お楽しみいただけたでしょうか?

レトロなアルバムはこれが最後の一頁です。この続きは明日、公開される
30周年記念スペシャルサイトの卒業生による「あの時私は」&「贈る言葉」で
お楽しみください。

懐かしいあの出来事、忘れられないあの授業、大切なあの瞬間・・・。

そして未来のICUHSへ。

それではまたアルバムを開く日まで。

数学科F    第1弾 <約束>
数学科M    第2弾 <その3年が我人生の重心>
数学科S    第3弾 <幸せな30年でした>
数学科S    第4弾 <不公平だ!>
数学科F    第5弾 <更なる発展を祈ります>

地歴公民科I  第6弾 <あなた一人のためにだけ!授業をした>
地歴公民科H  第7弾 <担任をしたクラスの皆さんへ、元気ですか?>
キリスト教科A 第8弾 <あえて直近の思い出を書きます> 
体育科H   第9弾 <中身と外見>
体育科W   第10弾 <最初で最後の修学旅行>

養護教諭O  第11弾 <北海道本別生活学校バイブルワークキャンプ>
外国語科H  第12弾 <修学旅行に纏わる思い出>
外国語科T  第13弾 <ICU高校の思ひ出3連発--写真付き>
外国語科S  第14弾 <学校祭の思い出>
外国語科R  第15弾 <MEMORY + HOPE = ?>

外国語科H  第16弾 <静かに輝く光 ~闇の中で~>
理科Ⅰ    第17弾 <伊豆七島>
理科S    第18弾 <1985年頃>
理科Y    第19弾 <沖縄修学旅行の下見>
司書教諭T  第20弾 <卒業生の皆さんお元気ですか。>

国語科I   第21弾 <座禅体験>
国語科K   第22弾 <30周年思い出とか・・・>
国語科N   第23弾 <男子サッカー部と私>
国語科A   第24弾 <フィリピンからのお便り>
数学科I   第25弾 <30年間を思い出している>

数学科M   第26弾 <歴史を刻みながら精進しています>
数学科A   第27弾 <原点>
地歴公民科N 第28弾 <倫理のプレゼン、今も続いています。>
地歴公民科K 第29弾 <懐かしの「S・M」>
体育科S   第30弾 <スキー教室・マリンキャンプの思い出>

体育科A   第31弾 <「100メートル走」のルール。>
体育科O   第32弾 <2人分の想い。>
外国語科H  第33弾 <2006年3月卒業式>
外国語科R  第34弾 <"成長しながら、青春をキープ!">
外国語科K  第35弾 <タイのジャングルから教育界のジャングルへ>

外国語科N  第36弾 <First Year L4 Global Issues Presentations>
外国語科N  第37弾 <女子サッカー部>
生物T    第38弾 <あの頃の写真紹介>
理科S    第39弾 <歴史的一勝>
国語科H   第40弾 <まだ30周年>

国語科N   第41弾 <未来はどこにありますか>
国語科M   第42弾 <充実感は結果の大小に関わらない>
外国語科・元帰国生徒教育センター長O
       第43弾 <Happy 30th Birthday to ICUHS!>
理科・教頭N  第44弾 <ICUHSの自然>
外国語科・元校長N第45弾 <ロードレース>

地歴公民科T  第46弾 <自由研究講座>
国語科N   第47弾 <すてきな明日を拓いていけますように!!>

 

M

2010.05.13

ICUHS RETROSPECT 第47弾

「全力をもって君のハートを守れ
 なぜならそこから日々の生活(Leben)が湧いていくからだ」
(旧約聖書、箴言の言葉より)

みんながよい学校生活をおくれますように!
そしてすてきな明日を拓いていけますように!!

 

国語科 N.T.

2010.05.06

ICUHS RETROSPECT 第46弾 <自由研究講座>

 大学生だった頃、政治思想史の先生が主催する聖書研究会・読書会に通い続けた。先生の著書『大切なものは目に見えない‐「星の王子さま」を読む‐』には、よくその会の魅力が示されている。それが忘れられず、ICU高校に来てから3年次の選択科目「自由研究講座」で現代史に関連した、生き方をも問うような本を生徒と読んだ。斎藤和明元ICU高校校長が訳したアーネスト・ゴードン『クワイ河収容所』(旧題『死の谷をすぎて』)は学生の時薦められて読み、ここでも読んだ。今、もっと読まれて良い名著と思う。

 

社会科 T.M.

2010.02.26

ICUHS RETROSPECT 第45弾 <ロードレース>

第一回のロードレースは1983年3月に開催されました。
それから(校長になる前の)2002年まで、ほとんどのレースに出場しました。
学級担任をしていた頃はクラスの男子生徒の半数より早かったのですが、この写真の頃は一時間近くかかるようになり、この後ろを走っている生徒には抜かれました。

 

外国語科・校長 N.H.

2010.02.25

ICUHS RETROSPECT 第44弾 <ICUHSの自然>

校内には武蔵野の自然が豊かに残っています。

樹木や草花はもちろん、狸、鳥類、ヘビやカエル、また昆虫・蜘蛛・ムカデなどの
小動物も見られます。

これが豊かな自然という本当の意味です。

自由研究として数年間のあいだ、蝶を中心に昆虫採集をしました。
あるときスミレ類を食草(餌)とする蝶の幼虫を卵から飼っていたとき、
このままでは校内のスミレでは足りなくなることに気がつきました。
自然界ではどうなっているのでしょうか。
そうです、たくさん生まれる幼虫は、食草が足りなかったり、他の動物の餌になったりして減っていくからバランスが保たれているのです。
もし全部の幼虫を蝶にしようとすると校内のスミレは食べ尽くされてしまうことになります。

自然から学ぶことはまだまだたくさんあります。

 

理科・教頭 N.J.

2010.02.24

ICUHS RETROSPECT 第43弾<Happy 30th Birthday to ICUHS!>

1984年頃、2nd year L1 Writingでresearch paperを必死に書きましたね。。。
その後、Snodgrass先生に引き継いで頂きました。
Animal Farm1984のメッセージ忘れないでくださいね。
Speech Artsでは、調理室でハンバーグを作ったこともありましたね。
12 Angry Menと模擬裁判、裁判員になったら思い出してくださいね。
Debating Skillsは人生のさまざまな場面で役立ちます。活用してください!

" No man can reveal to you aught but that which already
lies half asleep in the dawning of your knowledge."
The Prophet by Kahlil Gibran
So, This Is It. ICUHS, I'm counting on you now and forever.
過去30年間の内外の説明会や相談でお会いした多くの生徒と保護者の皆様、有難うございました! 今後ともICU高校をよろしくお願いします。
 

外国語科・帰国生徒教育センター長 O.M.

2010.02.23

ICUHS RETROSPECT 第42弾

コーチとして関わっていた、今は幻のICU高校剣道部。あの時はこの高校の教員になるなんて思ってなかった。

充実感は結果の大小に関わらないと思った。

 

国語科 M.T.

2010.02.22

ICUHS RETROSPECT 第41弾<未来はどこにありますか>

ある朝HRに行くと、机が全て窓側に向けて並べてあり、黒板に
"Your future is not on a blackboard."
と書いてありました。

・・・・・・なるほど。
思わず深くうなずいてしまいました。

まあ、よく考えたら私の未来は黒板にあったんですけどね。

卒業生の皆さん、そしてこれから巣立っていく皆さん。
皆さんはどんな未来に向かって歩いているのでしょうか。

未来がどこにあるにせよ、そこに至る道のりが発見と喜びに満ちたものであることを祈っています。

 

国語科 N.H.

2010.02.20

ICUHS RETROSPECT 第40弾

 ICU高校30周年おめでとうございます。

 私の方が年齢が1、2コ上なので、高校が人であるなら敬語を使って欲しいところですが、就職当初から気になっているのは、生徒がちょいちょい口にする「伝統」なるコトバです。

 「伝統」も何も、設立から30年しか経ってないんだから聞いて呆れますが、やれ***は伝統行事だからやらせて欲しいだの有史以来***することになっているだの、思考が停止しているのか? と言いたくなります。

 そんなことを言うなら、日本人は伝統的にハンバーガーを食っていることになるし、キティちゃんも伝統的なキャラクターなんですか?まあ創立何周年であろうが「伝統」なんて頻繁に口にするようなヤツは碌でなし、と伝統的に決まっています。

 何が言いたいかというと、「もう30周年」なのではなく「まだ30周年」。
 何でも変えていく余地があるし、それだけのエネルギーだってあるハズ。
「思い出」とか浸ってないで、前を向いていきましょう。

 

国語科 H.T.

2010.02.19

ICUHS RETROSPECT 第39弾 <歴史的一勝>

創部30年、一度も勝ったことのない高校野球夏の大会で、創立30周年を記念するかのように見事初勝利を飾った。このICUHSの歴史の1ページに関われたことは、私にとって、とてもラッキーだった。

顧問就任一年目の出来事だったので、勝った瞬間は、普通に「勝った」と思っただけなのだが、試合終了後、応援に来てくださった多くの方々が、涙を流し抱き合って喜んでくださった姿を見て、とても感慨深いものを覚えた。中には、30年近くずっと応援してくれた人もいて、本当に長い道のりだった事を痛切に感じた。

そして、今は後輩達が「2つ勝つ」を新たな目標に、日々練習に励んでいる。

 

理科 S.M.

1  2  3  4  5  6

SUPER GLOBAL HIGH SCHOOL Project

ICU高校30周年記念スペシャルサイト