スクールライフ 一覧

2014331
スクールライフby H

満開

昨日(30日)、気象庁が東京都心で桜(ソメイヨシノ)が満開になったと発表しました。平年よりも4日早く、昨年より8日遅いとのことです。ICU高校の花々は、去る人を送り出し、来る人を迎えるように、この春も静かに咲き初めています。
その学校では新年度・新学期の準備が着々と進んでいます。新入生のみなさん、ここを本物の出会いと切磋と成長のアゴラΑγοράにするのは、他ならぬみなさん自身です。みなさんを迎えるのをICU高校のみんなで楽しみにしています。桜吹雪のICU高校で会いましょう!

旧約聖書 雅歌 2章
 恋人よ、美しいひとよ
 さあ、立って出ておいで。
 ごらん、冬は去り、雨の季節は終った。
 花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。
 この里にも山鳩の声が聞こえる。
 いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。
 恋人よ、美しいひとよ
 さあ、立って出ておいで。

2014317
スクールライフby ICU高校野球部

野球部 春の大会

IMG_543436006082.jpeg

都深川.png






初回に先制するも、その裏、大量失策による6失点。
最後まであきらめず、9得点で3点差まで詰めよるも逆転ならず。
応援に来て下さった皆様、ありがとうございました。
この悔しさを忘れずに、夏の大会に向けて奮起してほしいです。

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

〈PR〉 
中学生のみなさん  
私たちは、海外での野球経験者と国内での野球経験者が融合することで、
日本国内にはない、ICU高校ならではの野球チームを目指しています。
ICU高校で一緒に野球をやりませんか。

2014312
スクールライフby H

コーラス部 春の訪問コンサート

コーラス部から、昨日3月11日の活動報告が来ました。


コーラス部がご近所にある特別養護老人ホーム「ケアコート武蔵野」にて演奏を行いました。今年で3年目を迎えるこのコンサート。入所者のみなさんと部員が声を合わせて一緒に歌う、温かいひと時です。

人はみなそれぞれの強さと弱さを持っています。
自らに与えられた強さを知り
それを隣人のために使うことこそ大きな喜びに直結している、
これは、多くの人が知っていることでしょう。

日本中に祈りが満ちていたこの日、
隣人と「共に生きる」ことを喜び合う
出会いと分かち合いの恵みが与えられたことは
ICU高校にとって本当に有り難いことでした。
人生の大先輩であるホームのみなさんに御礼申し上げます。

ヤコブの手紙5章
 あなたがたの中で苦しんでいる人は、祈りなさい。
 喜んでいる人は、賛美の歌をうたいなさい。
 信仰に基づく祈りは、病人を救い、
  主がその人を起き上がらせてくださいます。
 だから、主にいやしていただくために、罪を告白し合い、
  互いのために祈りなさい。
  正しい人の祈りは、大きな力があり、効果をもたらします。

201434
スクールライフby H

期末試験2日目終了。

今日は梅が咲いていました。

紅梅と言えば、試験中の生徒にとっては験のよい道真公の
飛梅の話が思い出されます。

昔を懐かしんで歌を詠みかけた道真に、梅は漢詩で答えたとか。

和歌にしろ漢詩にしろ、はたまた絶妙なライムのラップにしろ
あふれる思いを美しい詩にできるようになりたかったな、と
実用的な学問みたいなことに捕らわれていたnaïveな若い頃を
少々残念な気持ちで思い返しています。

 朝まだきおきてぞ見つる梅の花夜のまの風のうしろめたさに

 兵部卿元良親王
 拾遺和歌集 一春

201433
スクールライフby H

学年末試験

弥生三月、桃の節句の今日、
ICU高校では期末試験(学年末試験)が始まりました。

教室前の河津桜の花が咲きました。めじろでしょうか、
鳥が連れ立って来てはチュンチュンとつついています。

学年末はテストだ卒業式だと慌ただしいので、この河津桜は
生徒や教職員がじっくり愛でる暇もなく散ってしまう・・・
今日事務室で聞いた話です。

 いま桜咲きぬと見えてうすぐもり春にかすめる世のけしきかな

 式子内親王
 新古今和歌集 春上

昨今は、粒子状物質PM2.5による健康への影響が
大陸のみならず日本でも深刻な懸念材料となっているようですが、
今の地道な学びの先に、自然環境を守るというこの大きな責任を担う
働き人が続々と現れることも、ICU高校が持つ「幻」の一つです。

2014225
スクールライフby H

雪氷解けて

今朝のグラウンド、一年生男子の体育の授業、サッカーです。
先々週の雪も十日を経てようやく融け、元気な足音が戻ってきました。

学校は学年締めくくりの1週間を迎えています。来週は学年末試験です。
生徒はみんなそれぞれしっかり取り組んでいることでしょう。

今朝から、全国の国公立大学では2次試験(前期日程)が行われています。
受験する三年生、そして卒業生の健闘を、心から祈っています。

旧約聖書詩編147編
 主は仰せを地に遣わされる。御言葉は速やかに走る。
 羊の毛のような雪を降らせ
  灰のような霜をまき散らし
 氷塊をパン屑のように投げられる。誰がその冷たさに耐ええよう。
 御言葉を遣わされれば、それは溶け
  息を吹きかけられれば、流れる水となる。

2014214
スクールライフby H

雪のため

先週土曜日に続き、またも雪です。
今後相当な降雪が予想されるとのことで、
本日は急遽午後の授業を中止して下校することとなりました。
なくなった授業の分、
生徒のみなさんはしっかり家庭学習で補って下さい。

都市の交通を乱し、時には危険そのものとなる雪ですが、
降ったばかりの雪には格別の清らかさがあります。
聖書にも、そのような喩えがありますね。

 旧約聖書イザヤ書1章
  善を行うことを学び
  裁きをどこまでも実行して
  搾取する者を懲らし、孤児の権利を守り 
  やもめの訴えを弁護せよ。

  論じ合おうではないか、と主は言われる。
  たとえ、お前たちの罪が緋のようでも
  雪のように白くなることができる。
  たとえ、紅のようであっても
  羊の毛のようになることができる。

今日は自宅学習をしっかりしましょう。
また元気に学校で!

2014124
スクールライフby H

合格発表

本日10時、冬のやわらかな陽差しの中、
帰国生徒書類選考入試の合格発表が行われました。

受験してくれたみなさんそれぞれのこれからの道が
それぞれ豊かに祝されますように、心から祈ります。

 旧約聖書イザヤ書55章
  雨も雪も、ひとたび天から降れば
  むなしく天に戻ることはない。
  それは大地を潤し、芽を出させ、生い茂らせ
  種蒔く人には種を与え
  食べる人には糧を与える。
  そのように、わたしの口から出るわたしの言葉も
  むなしくは、わたしのもとに戻らない。
  それはわたしの望むことを成し遂げ
  わたしが与えた使命を必ず果たす。

学校案内パンフレットやDVDの中のICU高校は
厳密に言えばもう過去のもの、伝統です。
その土壌の上に、また新しいICU高校を作る
その主役となる新しい仲間を迎えられることを
生徒も先生も職員もみんなで心から喜び、楽しみにしています。

2013125
スクールライフby H

秋学期授業最終日

本日、秋学期の授業最終日でした。

暑い9月から今日までの3ヶ月余り
さて、学業の充実具合や如何?

明日からの期末テストでは
日頃の努力が正直に反映され、
いい成績に繋がることを期待しています!

〜今週より 主を待ち望む待降節=ADVENT〜

2013119
スクールライフby H

女バス 8年ぶりの公式戦勝利!

女子バスケット部からのニュースです。


11月3日に行われた新人戦において、女バスが8年ぶりの公式戦勝利をおさめました。
試合開始早々に先制して以降、終始押し気味に試合を運び・・・
途中追いつかれそうになりつつも、最後まで主導権を渡さず、10点差での勝利。
観客席に座っていた保護者・OGの皆さんの声援が、私たちを後押ししてくれました。
試合の度に応援に来てくださっていた保護者の皆さん、OGのみなさん、本当にありがとうございます。
今後も応援よろしくお願いいたします!
ICU高校女子バスケットボール部

選手一人ひとりの、そしてチーム全体の、
日頃の努力の地道な積み重ねが、この輝かしい1勝の背景にあります。
そして支えてくれる多くの人たちの思いも・・・。
ここから、またさらなる充実を。期待しています!

前へ 4  5  6  7  8  9  10

最近の記事

カテゴリー

アーカイブ

2022年度

2021年度

2020年度

2019年度

2018年度

2017年度

2016年度

2015年度

2014年度

2013年度

2012年度

2011年度

2010年度

2009年度

ICU高校 公式Facebook ICUHS Hodgepodge
SUPER GLOBAL HIGH SCHOOL Project
ICU高校30周年記念スペシャルサイト